顔の輪郭を変えるなら骨削りの美容整形がおすすめ!ボトックスやプロテーゼの施術方法も

記事の著者:renewadmin

エラが張っている顔にベース型の顔、顎がしゃくれ気味になっている顔など、顔の輪郭に関する悩みは千差万別です。

顔の輪郭はマッサージである程度変えることもできますが、根本的な輪郭や骨格を変えたい場合はやはり美容整形外科に頼るしかありません。

しかし、顔の輪郭を変えるにも、なりたい顔によっていろいろな方法があります。理想に近づくためにはどんな美容整形があるのかチェックしていきましょう。

今回は、整形で輪郭を変える方法をご紹介していきます。自分にはどの施術方法があっているのかわからないという方は、カウンセリングに希望のデザインを持って行きましょう。

全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」では、ていねいなカウンセリングに加えて、術後のアフターフォローも充実しているので、美容整形が初めての人にもおすすめできます。

湘南美容外科をチェックする

顔の輪郭が歪む原因

ずっと片方の奥歯で食べ物を噛んでいたり、頬杖をつく習慣があったりすると、最初は気にならなかったのに気づいたときには左右のバランスが崩れてしまっているという方は多くいます。

また、歯並びの関係でしゃくれ顎になってしまったり、遺伝でエラが張っているということをコンプレックスに思う方も多くいます。

しかも、これは骨格や輪郭の問題なので、自力で直そうと思ってもマッサージや小顔エステには限界があります。

このように顔のバランスが崩れている場合は、骨格から歪んでいる場合が多いため、顔の骨のバランスを調節することで全体のバランスを整える美容整形を検討したほうがいいでしょう。

きれいな輪郭を作る美容整形を、悩み別にご紹介していきます。

エラが張っている場合

エラが張っていると、実際はそうでもない場合でも顔が大きく見えてしまってコンプレックスになりがちです。いつもシェーディングでそのエラを隠してVラインを作っていても、夏には海やプールで隠せなくなってしまいます。

そんな悩みがつきないエラも、ボトックス注射・骨切り・レーザーといった美容整形の方法できれいになくすことができます。

脂肪やたるみによってエラ部分が重たく見える人には、ボトックス注射の施術が多いです。骨格が角張っている人には、余分なエラ部分の骨を削る手術が主流です。

では施術内容や費用、ダウンタイムなどを詳しく見ていきましょう。

ボトックス注射

ボトックスとは、ボツヌリス菌から抽出されるタンパク質のことで、注入することで筋肉を一時的に麻痺させます。

ボトックス注射は、筋肉の動きを少しだけ麻痺させることで、筋肉が収縮し、エラ周りが細くなるという仕組みになっています。

また切開や麻酔なしで注射のみで施術を受けることができるため、ダウンタイムもほとんどなく、美容整形が初めての方でもチャレンジしやすいようです。

費用は2万円〜8万円とリーズナブルな価格で、なおかつ腫れや内出血が起こったとしても目立ちにくいため学生や会社員の方にもおすすめです。

関連の記事では、各クリニックでの費用比較やボトックス注射を受ける際の注意点などもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

エラ削り・骨切り

エラの下顎角という部分でエラの大きい小さいが決まるので、エラ削りでは、この下顎角を削ることでエラを小さく見せ顔をシャープな印象に導きます。

事前にカウンセリングで下顎角だけを削るのか、顎(オトガイ)部分まで削るのかなど希望の輪郭になるためにデザインを決定していきます。

整形の中では大掛かりな施術に属するので、全身麻酔を施し、手術時間は2時間程度です。カウンセリングで決定した通りに骨を削っていきます。

麻酔から覚めると、やはり骨を削った部分が痛みます。ダウンタイムは短いと2週間程度で自然な輪郭になりますが、長いと4週間以上かかる方もいます。

費用は100〜130万円が相場になり、ここにCTや全身麻酔代などがオプションとして加算されるのでかなり高額な施術になります。

エラ削り・骨切りを検討される場合は、費用や術後の痛みについても詳しくご紹介しているので関連記事でチェックしてみてください。

レーザー

フェイスラインにアプローチをかけ、小顔へと導く施術で多く取り入れられているのが、レーザーによる整形方法です。

肌に超音波と熱を与えることで、コラーゲンや細胞が縮んでリフタップ効果が期待される施術方法で、切らないフェイスリフトとも言われています。

レーザーを用いた施術は、タルミの解消やリフトアップに効果があり、エラ部分の張りが気になる方も切らずにスッキリとさせることができます。

レーザーでの施術は、加熱するポイントが点状なので、ダウンタイムが短いことが特徴です。皮膚表面に傷が残らない上に、当日からシャワーやメイクができます。

1回約10万円〜20万円前後が相場になっています。モニター料金や初回限定でより低価格で受けることもできるのでぜひ各クリニックのHPもチェックしてみてください。

顎が後退しているあるいはしゃくれている場合

遺伝的な骨格や噛み合わせによって顎がしゃくれた印象になる場合は、顎の骨切りで綺麗なEライン(エステティックライン)と呼ばれる鼻先から顎までの美しいラインを作ることができます。

Eライン形成で、骨切りよりもハードルが低いとされているプロテーゼを挿入する施術もあります。

また切開や剥離を伴わない注射のみでの施術も可能です。具体的にはヒアルロン酸注入やボトックス注射があります。くぼみや顎の後退にはヒアルロン酸、脂肪や筋肉の厚みにはボトックスがおすすめです。

ヒアルロン酸

横から見たときのEライン(エステティックライン)を整えたい方や、顎先を少し出して知的な印象に変えたいという方にもおすすめの施術です。

ヒアルロン酸の注入のみの施術なので、10分程度の施術で完了し、ダウンタイムもほとんどありません。

ヒアルロン酸は肌に直接注入するため、効果も実感しやすく、半年〜10ヶ月程度の持続力があります。

費用は1万円~5万円程度です。永久的に効果が持続するわけではないので通いやすいクリニックをお探しください。

ボトックス注射

筋肉や顎の幅・サイズにコンプレックスを持つ方には、ボトックス注射での施術をおすすめします。

先ほどご紹介したようにボトックスでは筋肉を麻痺させ、収縮させる効果があるため、顎周りの筋肉を収縮させることで、顎や顔の面積も小さくすることができるので、顔全体の印象も変化します。

ヒアルロン酸と同じく10〜15分程度で施術が終了し、ダウンタイムも短いことが特徴です。ヒアルロン酸と違うのは効果の見え方です。

ヒアルロン酸は注入後に効果を実感することができますが、ボトックスは2〜3日経ってから徐々に収縮し始めて、実感できるまでに1週間ほどかかります。

また持続期間は3〜6ヶ月の場合が多いので、効果を持続させたい場合はクリニックに定期的に通う必要があります。

費用は2万円〜8万円とリーズナブルな価格で施術を受けることができることがわかります。

費用の各クリニックの費用比較やボトックスの意外な落とし穴については、関連の記事でご紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

プロテーゼ

プロテーゼは顎が引っ込んでいたり、潰れているような印象を与えてしまう方、またもともと唇の方が前に出ていてきれいなEラインができない方におすすめの施術です。

プロテーゼとは、シリコンなどで形成された人工軟骨のことです。プロテーゼの施術では、局所麻酔を施し、口腔内の歯と粘膜の間を切開して、その間からプロテーゼを入れて固定します。

プロテーゼの挿入で、顎を少しだけ前に出して知的なフェイスラインを作り出し、美しいEラインを形成します。

顎プロテーゼのダウンタイムは約2週間ですが、人によっては1ヶ月以上口の中に違和感を感じたり、口を動かしにくい方もいるので、安静にしていられる期間をしっかりと確保しましょう。

プロテーゼの施術費用は、20万円〜40万円が相場になります。クリニックによって差があるのでしっかりチェックしておきましょう。

顎削り・骨切り

顎がしゃくれている方、長くて顔全体も面長な印象を与えてしまう方は、顎の骨を削る施術がおすすめです。

大掛かりな施術になるので、ボトックス注射などで理想のフェイスラインに近づくことができなかった人はこの骨切りでの施術がいいでしょう。

顎の先はオトガイと呼ばれるのですが、このオトガイの位置をずらしたり削ることで理想の顎へと導きます。

時間は約1時間30分かかり、施術をする時には全身麻酔で行います。

麻酔が切れた後に、鈍痛が長い期間残ります。短い人だと2週間程度で治りますが、1ヶ月以上腫れが引かないという方もいるようです。

段々と痛みは治まるものの、普通に食事ができるようになるのは3か月くらいかかると考えておくといいでしょう。

顎削りの費用は、100~120万円程度が相場になります。また切開をしてオトガイの位置をずらしたり骨を削る施術になるため、後遺症などのリスクも考えられます。

事前に納得が行くまで医師の方とカウンセリングを重ねておきましょう。後遺症のリスクや骨切りのメリットについては関連の記事でまとめているので気になる方はチェックしてみてください。

頬骨の出っ張りを改善したい場合

頬骨が出ているとプライドが高そう、怖そうといったマイナスイメージを持たれたり、噛み合わせに影響して目や鼻腔を圧迫し、ドライアイや花粉症の原因になったりもします。

直そうと思っても、骨であるため簡単には輪郭が変わらず、長い時間がかかってしまいます。そんな、頬骨が出っ張っているときには、アーチ・インフラクチャー法という骨切りがおすすめです。

骨切り

頬の輪郭を整えることができるアーチ・インフラクチャー法をご紹介していきます。

頬の骨切りでは、頬の張っている骨(頬骨体部と頬骨弓)の自然なカーブを生かして顔の内側へと骨を移動させます。また、出っ張りのあるもみあげ辺りの頬骨を切除します。

施術時間は1時間30分程度で、金額は130万円程度になります。

術後に1泊の入院をすすめる場合もありますが、入院しなくても良いクリニックもあります。また、近隣ホテルをとってくれるクリニックもあるので事前にチェックしておきましょう。

骨切りはやっぱり勇気がいる?

顔の輪郭・骨格を整える整形施術をご紹介してきましたがどの方法がぴったりでしたか?

美容整形が初めてという方は、まずはヒアルロン酸やボトックス注射での施術を試してみましょう。それでも効果が小さいと感じたら再びカウンセリングに行って骨切りでの施術を検討することをおすすめします。

やはり骨を削る方法は金額も高いため、入念なカウンセリングが必要となります。

「湘南美容クリニック」は施術件数90,000件超え、症例写真も1,500枚を超える人気の施術で、さまざまな輪郭の悩みを解決しているため、自分の希望の輪郭も相談しやすいでしょう。

湘南美容クリニックでは一般的な骨切り法による小顔整形の他にも注射やレーザーでの施術も扱っています。

そちらでは執刀医からナースまで、技術力の高い骨切り手術のプロにより仕組みや改善方法などを詳しく知ってからの施術であるため、安心して受けられます。

ぜひまずはカウンセリングに足を運んで、自分の憧れの輪郭を手に入れるためにはどの施術がおすすめなのか医師に直接相談してみましょう。

湘南美容外科をチェックする