セラミック治療のメリット・デメリット:費用は?

記事の著者:renewadmin

最近、虫歯治療でよく耳にするのが「セラミック」という言葉です。歯は、人と話すときに意外と目につく部分でもあり、清潔感が表れる部分でもあります。

歯を治したいと悩んでいる方は、銀歯にするかセラミックにするか、悩みますよね。

ここでは、セラミック治療のメリットやデメリット、かかる費用や保険は適用されるのか、などについて述べていきます。

セラミック治療とは?

セラミックとは、陶器などの焼き物に使われる素材のことです。

昔は虫歯治療で歯を削った際、銀歯を被せるのが一般的でしたが、最近はセラミックを選択する人が増えてきています。

銀歯ではなくセラミックにすることで、治療後も自然に近い美しい歯でいることができます。

セラミックの種類とは?

セラミック治療で使用するセラミックには、4つの種類があります。

1つ目は、セラミックの中で最も仕上がりがきれいと言われている、すべてセラミックでできている「オールセラミック」です。

2つ目は、セラミックとレジンをミックスした「ハイブリッドセラミック」です。

3つ目は、金属のフレームをセラミックで覆ったもので、セラミックの持つ美しさと丈夫さ両方の長所を持っている「メタルボンド」です。

そして4つ目に、メタルボンドであり、人工ダイヤモンドを使用した頑丈さが特徴である「ジルコニアセラミック」があります。

セラミック治療のメリットは?

セラミック治療のメリットとしてまず挙げられるのは、本物の歯と区別がつかないほどの自然な美しさや透明感があります。

実際に治療する際は、自分の歯の色と合わせることができるため、自分の歯とほとんど見分けがつきません。

またプラスチックなどの素材はどうしても時間経過とともに変色するなど劣化が見られますが、セラミック治療した歯は、汚れがつきにくく着色や変色、劣化が少ないのも魅力のひとつです。

歯科で定期的にメンテナンスをすれば、長期間そのままの状態を保つことができます。

特に金属を使用していないオールセラミックは、金属アレルギーの人も安心して使えて、歯茎の色が黒くなってしまうこともありません。

セラミック治療のデメリットとは?

セラミックは自然の歯よりも硬い素材でできているため、長期間使っていると周りの歯や噛み合わせの歯に負担がかかり、歯を痛めてしまう恐れがあります。

金属である銀歯よりも劣化が早いというデメリットもあります。

セラミック治療の費用は?

セラミック治療の費用はセラミックの種類によって異なります。

オールセラミックは被せ物が一本8万円から15万円、詰め物は3万円から5万円、ハイブリッドセラミックは被せ物が約6万円、詰め物は約3万円、メタルボンドは約8万円から15万円、ジルコニアセラミックは被せ物が約10万円から20万円、詰め物は約4万円から6万円となっています。

セラミック治療で保険は適用される?

セラミック治療では健康保険が適用されません。

ただ例外的に、一部保険が適用される場合もあります。例えばハイブリッドクラウンは、小臼歯の場合だけ保険診療が適用され費用は約1万円で、大臼歯は保険が適用されず6万円ほどかかります。

保険が適用されるかどうかは、治療の際に事前に医師に確認しておきましょう。