軟骨ピアスも病院で開けてくれる?痛み・腫れ・トラブルについても

Renew編集部
公開, 更新, , ピアス・ボディピアス

軟骨ピアスは、耳たぶのピアスよりも開けることが難しく、痛みも伴います。自分で開けるのが怖いという方には、ぜひ病院で開けてもらう方法がおすすめです。

病院で開けてもらうメリットやデメリット、また軟骨ピアスをセルフで開ける際の危険性をまとめました。自分で開けるしか方法がないと思っていた人も、ぜひ参考にしてみてください。

軟骨ピアスは病院で開けてもらった方がいい?

軟骨にピアスを開ける時は、耳たぶにピアスを開ける時よりも強い痛みが伴います。セルフで行った際に、開けた時の痛みが治らないなどのトラブルが起きた場合、軟骨に余計な負担をかけてしまいます。

病院で開けてもらう場合は、局所麻酔も可能です。そのため、痛みを感じないままピアッシングをしてもらうことができます。

また、事前のカウンセリングによって、自分の体質に合ったピアスを選んでもらうことができ、トラブル回避につながります。

アフターフォローやピアスを開けた後の正しいケア方法も教えてくれるため、万が一トラブルが起きても安心です。軟骨にピアスを開けるのが初めてという方は、病院で開けてもらうことをおすすめします。

病院で軟骨ピアスを開けてもらう時の費用は?

費用は、ファーストピアス代込みで、1ヶ所約1万円~2万円です。

ファーストピアスの素材や、軟骨でも開ける場所によって金額が変わってきます。

セルフで開けるよりも、価格が上がってしまうのが病院で開けてもらう際のデメリットです。

軟骨ピアスをセルフで開ける危険性は?

軟骨にピアスを開けるときに使う道具は「ピアッサー」か「ニードル」が定番です。ピアッサーは、肉を押し潰すように無理矢理穴を開けます。そのため、痛みが続き、開けた場所によってはしばらく痛みが引きません。

また、ホールが安定するまでの期間もニードルと比べると遅くなり、腫れてしまう危険性やしこりが残る可能性があります。腫れた場合、ファーストピアスが食い込んで埋まってしまうこともあります。

ニードルは、ピアッサーのようにばねなどが付いておらず、穴を開けるスピードは自分で調節する必要があります。

そのため、躊躇してしまうと痛みが長引いたり、最後まで貫通できずに終わってしまいます。

軟骨は耳たぶよりも組織が硬く、一度で貫通しない可能性も高いです。上手くいかず途中でやめてしまうと、痒みや化膿など、トラブルの原因になりますが、病院によるケアなどはないので、全て自分で対処しなければいけません。

軟骨にピアスを開けてもらえる病院おすすめ2選

クリニーク大阪心斎橋

へリックスやトラガスはピアスガン、それ以外の軟骨部位はニードルでの施術を採用しています。

へリックスは氷冷却による鎮痛で行いますが、局所麻酔(+2000円)やテープ麻酔(+1000円)に変更することも可能です。その他の部位は局所麻酔をして施術を行います。

ファーストピアスは部位によって様々なデザインで用意されているので、一定期間付けたままでもおしゃれを楽しむことができます。また、部位に適したファーストピアスであれば、持参したピアスでも施術が可能です。

家で行うケア用の消毒液や飲み薬などを穴を開ける部位に合わせて用意してもらえるので、術後のトラブル防止に徹底しています。

こちらのクリニックでは、メニューとして記載されていない部位でも対応できる場合があるので、希望があれば相談してみることをおすすめします。

  • 住所大阪府大阪市中央区南船場3-12-3 心斎橋セントビル5F
  • アクセス大阪市営地下鉄 御堂筋線「心斎橋駅」より徒歩1分
  • 料金ヘリックス軟骨:8,500円(1ヶ所医療用ステンレス) 10,500円(金属アレルギー防止チタン製) その他部位によって異なる
  • 営業時間10:00~19:00 (最終受付18:30)
  • 定休日不定休
  • 電話番号06-6252-2700
  • 公式HP美容整形は美容外科・美容皮膚科のクリニーク大阪心斎橋

  • 中央クリニック 新宿院

    軟骨は局所麻酔をしてニードルで穴を開ける施術方法を採用しています。

    施術前に穴を開ける位置にマーキングを行うので、どの位置にピアスが付くのかを自分自身が確認することができます。

    ファーストピアスとしてアレルギーを起こしにくい、ジェイヒューイット社製「Medi Studsファーストピアス用24Kピアス」を使用しており、数種類のカラーから好きなものを選びます。

    ボディーピアスは、持参したピアスでの施術が可能です。(仕様によって使えない場合あり)

    アフターフォローも無料で受けることができるので、術後にトラブルが起こった場合でも安心です。

  • 住所東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル6F(1Fソフトバンク)
  • アクセス新宿駅南口より徒歩2分
  • 料金軟骨ピアス(ピアス代・局所麻酔・消毒セット込):1カ所15,000円 2カ所目~14,000円
  • 営業時間10:00~18:00 土日祝日も診療
  • 定休日不定休
  • 電話番号0120-669-980
  • 公式HP美容外科・美容整形|新宿中央クリニック
  • 関連する記事

    ピアスを病院で開けるメリット:上手な病院の選び方、痛みや腫れ、費用も

    今では、ドラッグストアなどでピアッサーが販売されて...

    2019年07月04日, ピアス・ボディピアス

    病院でトラガスを開ける際のメリット・デメリット:安全で綺麗なピアスホールが可能

    トラガスは、耳の穴より前にある三角の軟骨部分。トラ...

    2019年07月04日, ピアス・ボディピアス