埋没術後のゴロゴロは大丈夫?理由や病院の必要性、回復までの時間も

kenishida
公開, 更新,

埋没法による二重整形は、切開法に比べ簡単ではありますが、気になるのは埋没術後のリスクです。ゴロゴロとした違和感や痛みを感じると、せっかく二重整形をしても不安になります。

今回は埋没術後のゴロゴロはどのようなものなのか、病院を受診する基準についてまとめました。

すでに埋没法で整形をしている方も、これから整形をしようと考えている方も、ぜひ参考にしてください。

埋没術後は、なぜゴロゴロを感じるの?

埋没術後は、目を開ける筋肉に糸をかけたことで、組織にゆがみが生じ、目のゴロゴロが発生します。また、糸がしっかりとかけられておらず飛び出てしまうことで、角膜を刺激し違和感や痛みに繋がります。

この痛みは、目の中にまつ毛やゴミなどの異物が常に入っているような感覚です。施術の際に、糸を強く締めすぎてしまった場合や結び目の位置に問題があった場合も、目がゴロゴロする原因のひとつです。

埋没術後のゴロゴロはいつ治るの?

埋没術後にゴロゴロするなどの違和感や、多少の充血が発生するのは、通常の経過であり、どの症状も、時間とともに自然と改善されます。ゴロゴロが気になって瞼をむやみにいじってしまうと、糸が取れてしまったり、飛び出た糸で角膜を傷つけてしまったりする恐れがあるため、あまり触らないようにしましょう。

埋没術後、病院で受診する基準は?

埋没術後のゴロゴロは1ヶ月程度で治ります。しかし、1ヶ月以上ゴロゴロが続く場合や、強い痛みを伴う場合は一度病院を受診しましょう。また、まばたきする度に痛みを感じたり、チクチクと刺すような痛みを感じたりする場合は、糸が飛び出てしまっている可能性があります。

飛び出た糸を放置すると、視力の低下や眼球の損傷に繋がるので、この場合は症状を感じた時点で病院を受診しましょう。

埋没法は何度もやり直しが可能なことがメリットです。糸が飛び出たり切れたりした場合は、強制的に抜糸をしなくてはいけません。しかし、そうでない場合でも、どうしても痛みが気になる場合は一度抜糸をすることをおすすめします。

埋没法による二重整形でおすすめの美容外科2選

聖心美容クリニック 東京院

こちらのクリニックでは「マイクロメゾット+a」という、術後の腫れを通常の埋没法による施術よりも抑えた施術方法がおすすめです。忙しくて手術の次の日に仕事があるような方でも、腫れが目立たないので安心して受けることができます。

施術の前には、カウンセリングの時にシミュレーションを行うことができるので、自分が希望するラインを見つけましょう。夜間の問い合わせが可能なクリニックなので、糸が取れてしまったなど、いつ埋没術後のトラブルが起きても安心です。

埋没術後のゴロゴロや痛みが発生した時などに対応してもらえる保証制度が最長で1年間付いており、期間中1回の施術が無料で受けられます。

  • 住所東京都港区六本木6-6-9ピラミデ2F
  • アクセス日比谷線六本木駅から徒歩3分
  • 料金マイクロメゾット+a:両目15万5,000円(税抜)
  • 営業時間10:00~19:00 完全予約制
  • 定休日年中無休
  • 電話番号0120-911-935
  • 聖心美容クリニックをチェックする

    品川美容外科 品川本院

    こちらのクリニックでは、「二重術スーパークイック法」がおすすめです。完全に滅菌された医療用の糸でまぶたの裏を留めるので、衛生面も徹底しています。

    埋没法は元の瞼に戻りやすいのがデメリットですが、この施術では瞼板と挙筋の両方をしっかり固定してもらえるので、戻りにくい自然な二重にすることができます。

    そのほか目の特徴や悩みに合った施術方法など種類が豊富で、埋没術後のトラブルやダウンタイムの少ない施術を採用しています。カウンセリングの時には実際に二重のラインを作ってシュミレーションを行うことが可能です。目だけでなく、顔全体の印象も確認することができます。

    また、何度も無料で受けられるので、自分の目の悩みを具体的に相談し、適した施術方法を選んでもらいましょう。

  • 住所東京都港区港南2-6-3 シントミビル5F
  • アクセスJR品川駅から徒歩約1分
  • 料金二重術スーパークイック法:1点留め両目9,070円
  • 営業時間10:00~20:00
  • 定休日年中無休
  • 電話番号0120-735-900
  • 公式HP美容外科・美容外科|信頼と安心の品川美容外科【全国版】
  • いま話題の記事