ジルコニアセラミックとは?メリット、デメリット、その費用や保険適用

ジルコニアセラミックとは?メリット、デメリット、その費用や保険適用

Renew編集部
公開, 更新, , 口元

ジルコニアセラミックとは、2005年に国内で初めて厚生労働省の認可を得た、歯科治療に使用されている素材です。ここでは、ジルコニアセラミックにするメリットやデメリット、費用はどのぐらいかかり、また保険は適用されるのか、オールセラミックのジルコニアとセラミックの違いなどについて述べていきたいと思います。

ジルコニアセラミックとは?

ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドとも呼ばれており、ここ数年で歯科治療において急激に広まった、治療に使用される素材です。人工ダイヤモンドとも言われている事からもわかるように、ジルコニアセラミックは歯科の治療に用いられる素材の中でも最も強く、また色も白く仕上がりもきれいなので、銀歯と比較しても大変目立ちにくく、自然に見えるが特徴です。

ジルコニアセラミックのメリットとは?

ジルコニアセラミックは、今まで使われていた他のメタル素材を使った歯科治療と比べ、金属アレルギーのリスクがない、仕上がりが美しいという大きなメリットがあります。

それ以外にも、表面がツルツルなので汚れにくい、また丈夫で長持ちするという利点もあります。

ジルコニアセラミックのデメリットとは?

ジルコニアセラミックのデメリットとしては、治療の工程上どうしても歯を削る量が多くなってしまうという点が挙げられます。上手く自分の歯茎にフィットさせるために、どうしても多く歯を削らなければならないようです。

また、ジルコニア自体は割れませんが、表面を覆っている素材が割れてしまうことがあります。例えば激しい歯ぎしりをする人の場合、まれにですが割れてしまうケースがあるようです。

それからジルコニアセラミック治療にかかる費用は、高額な料金になってしまうのもデメリットと言えます。

ジルコニアセラミック治療は費用はどれぐらい?保険が適用されるの?

ジルコニアセラミック治療にかかる費用は、被せ物の場合は歯一本につき約10万円から20万円、詰め物の場合は約4万円から6万円となっています。

ジルコニアセラミック治療においては、保険は適用されません。ですのでジルコニアセラミック治療にかかる費用は、どうしても高額な金額となってしまうようです。

オールセラミックのジルコニアとセラミックの違いとは?

一般的なオールセラミッククラウンは、自然の歯と見分けが付かないほど、見た目が美しいのが特徴です。ただ、まれに欠けたり割れたりする場合もあります。

一方でジルコニアは大変丈夫で、オールセラミックより長持ちすると言われています。

セラミッククラウンには、全てセラミックだけで作られているセラミッククラウンと、ジルコニアのフレームの上にセラミックを着けたジルコニアセラミッククラウン、そして金属のフレームの上にセラミックを被せたメタルボンドなど種類が豊富にあり、治療する際の選択肢が多いという利点があります。

非常に自然な歯に近く見た目もよいので、前歯や奥歯の治療に適していると言われています。

関連する記事

セラミック治療のメリット・デメリット:費用は?

最近、虫歯治療でよく耳にするのが「セラミック」とい...

2019年07月04日, 口元

ガミースマイル手術で自然な笑顔を手に入れる

現在の気持ちを分かりやすく、無意識に表しているのは...

2019年07月04日, 口元

理想の唇を実現する美容整形:種類や効果、ダウンタイム、費用

「笑った時に唇が強調されるのが嫌!」「唇をもっとふ...

2019年07月04日, 口元