日帰りでできる豊胸施術・豊胸クリニック3選:施術方法など詳しくご紹介!

Renew編集部
公開, 更新, , 胸(バスト)

「胸が小さい」「左右差がある」「授乳後萎んだように小さくなった」「胸が垂れている」など胸のコンプレックスは様々です。

今回はそのコンプレックスを解消する豊胸の美容整形を、日帰りでおこなえる方法をご紹介します。

豊胸手術をするとなると、方法によっては入院が必要な場合もあります。そのため仕事などで休みが取れない方は、したくても時間がないと考えてしまうことが多いでしょう。

しかし最近は、二重や鼻の整形のように豊胸もプチ整形感覚でおこなう方が増えてきており、そういった施術も多数用意されています。

日帰りでの豊胸を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

豊胸手術の方法

日帰りで受けることのできる施術方法は3つあるので、まずはそれぞれについてご紹介していきます。

1.ヒアルロン酸注入

メスを使わずに理想のバストへ変身できるヒアルロン酸注入。傷跡も残らず注射の跡は数日でわからなくなります。

クリニックにもよりますが30分ほどで終わるところもあるので、空いた時間がなかなか取れないという方にはこちらの方法は特におすすめです。

「近日のイベントに合わせて豊胸したい」「いきなりバッグを入れるのは怖い」という方にも人気のある方法です。

2.脂肪注入

太ももやお腹などの余分な脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入する方法です。不自然な硬さもなく、レントゲンに写ることもないです。

一見おおがかりな施術のように思えますが、脂肪注入も日帰りで受けることができます。

自分自身の脂肪を利用しますので、アレルギーなどの心配もありません。脂肪採取部位の部分痩せもでき、一石二鳥な施術なので人気です。

注入した脂肪の一部は吸収されてしまいますが、約50~60%はバストに定着し半永久的に残ります。

コンデンスリッチやピュアグラフトなど脂肪の定着率を上げる方法もあるので、吸収が気になる方はこちらもおすすめです。

「胸も大きくしたいけどスリムにもなりたい」

「自然で柔らかい感触がいい」という方は脂肪注入が良いでしょう。

3.バッグ挿入

ワキの下のシワに沿って切開してそこから豊胸バッグを挿入していく方法です。挿入後、元のシワの状態になるように縫合するので傷跡もほとんどわかりません。

ヒアルロン酸注入や脂肪注入に比べて大きくボリュームアップができる方法ですが、こちらも日帰りで受けられます。しかし、痛みが一週間ほど続いたり、通院が必要な場合もあるのでそこは注意が必要です。

胸の大きさや授乳の経験があるかなどで大胸筋下、または乳腺下など、挿入する場所が異なります。

「とにかく胸のボリューム、張りが欲しい」「授乳後で萎んでしまった」「加齢で下垂している」という方におすすめです。

クリニック情報

東京美容外科

東京美容外科では胸専用相談室が設けられており、LINEで専門の医師とのカウンセリングを受けることができます。

直接出向かなくても医師に相談ができるので、時間がない方や来院するのはまだ勇気がない方におすすめです。

クリニックは東京には新宿院や銀座院があり、他にも大阪、青森、秋田、仙台、広島、山口、佐賀、長崎に分院があります。

東京美容外科では、10年以上も前からバッグ挿入の術式を学会で発表されており、最も得意とする施術のひとつが豊胸術です。

出血の少ない、マッサージが必要ない、日帰り豊胸手術を独自で行っています。

バッグ挿入術のリスクである出血を最小限に抑えることで、痛みやマッサージの必要がなく、体への負担を軽減されています。日帰りで受けられる上に、術後の痛みも少ないのはありがたいですね。

また、美容整形では技術の高い韓国の医師と情報交換や研修を重ね、最先端の技術を取り入れたハイブリッド豊胸術が特徴です。

バッグを挿入し、さらに脂肪を注入する方法も取り入れています。もちろんヒアルロン酸注入も行なっています。

  • 店舗新宿、銀座、青森、梅田、福山、下関、佐賀、他
  • アクセス-
  • 料金ヒアルロン酸1cc950円~
  • 営業時間10:00-19:00
  • 定休日-
  • 電話番号0120-658-958
  • 東京美容外科をチェックする

    湘南美容クリニック

    テレビCMでおなじみの湘南美容クリニックでは、全国70院以上による症例実績があり、今までの豊胸、バスト、乳首の施術数は41770人です。

    北海道から沖縄まで各地にクリニックがあります。お住いの近くの病院へ通うことができるため、丸一日の休みが取れないような方でも術後の通院まで安心です。

    シリコンバッグも世界で一番軽いと言われるB-Liteや、バッグの中でも最も強い強度とシルクのような肌触り・柔らかさを実現した豊胸インプラントバッグMotivaなどを取り扱っています。

    他にも、シリコンジェルが柔らかく寝るとラウンド型になるMotivaエルゴノミックスなども用意されています。

    術式もオプションがあり、内視鏡下バッグ豊胸、ハイブリッドの脂肪注入などがあり、内視鏡やエコーなど機材も充実した環境です。

    高い技術による最新の施術が日帰りで受けられるのはありがたいですね。

    バッグ挿入だけではなく、脂肪注入やヒアルロン酸注入も行なっています。

    また術後のバストサイズに関する不安を解消するため、カップ保証を導入しており、高品質医療を低価格で受けることが可能です。

  • 店舗新宿、銀座、立川、札幌、仙台、名古屋、新潟、梅田、広島、福岡他
  • アクセス-
  • 料金ヒアルロン酸1cc2,025円~
  • 営業時間10:00-19:00
  • 定休日-
  • 電話番号0120-5489-47
  • 湘南美容外科をチェックする

    池田ゆう子クリニック

    脂肪注入で有名な池田ゆう子クリニックでは、女性院長が全て担当しています。

    女医さんだと女性同士の安心感があり話しやすかったり、恥ずかしいという気持ちが減ったりとメリットはたくさんあるでしょう。男性の医師よりも女性の医師を希望している方にはおすすめです。

    池田ゆう子クリニックには、ベーシック脂肪注入という方法があります。日本人女性の細身の骨格にはバッグは不似合いであり、脂肪注入が適しているという信念のあるクリニックなのです。

    豊胸手術の術式は大学病院などと同じ方式を採用しており、症例数はかなりのもの。

    脂肪吸引をする部位は、腕・腹部・太もも・背中・腰部・臀部・ふくらはぎと気になる部位どこからでも可能です。

    吸引した脂肪は、「乳腺内」「乳腺周囲」「乳腺外」「筋層内」「大胸筋下」5層に1ccづつ注射器で丁寧に注入していきますので、自然で美しい胸に仕上がります。

    池田ゆう子クリニックの脂肪注入は、施術時間が1時間ほどなので、カウンセリングとまとめておこなった場合でも日帰りが可能です。また局所麻酔を使用するため、施術後すぐに帰宅できます。

  • 住所東京都渋谷区神南1-11-1渋谷市野ビル8F
  • アクセス東急各線、東京メトロ副都心線渋谷駅13番出口から徒歩1分弱
  • 料金プチ豊胸10cc20,000円~
  • 営業時間10:30-19:30
  • 定休日水曜日
  • 電話番号0120-037-637
  • 池田ゆう子クリニックをチェックする

    関連する記事

    豊胸手術の費用や方法:術後キズは残らないがアフターケアが必要!

    胸の大きさや形にコンプレックスを持っている女性は少...

    2019年09月11日, 胸(バスト)

    コンデンスリッチ豊胸とは?ダウンタイムや金額を紹介

    「大きな胸になりたい」「授乳後、萎んでしまった胸の...

    2019年07月04日, 胸(バスト)

    豊胸の失敗例、失敗しないために大事なこと

    「勇気を出して豊胸術を受けたのに満足することができ...

    2019年09月09日, 胸(バスト)