スカルプシュアーで部分痩せ!効果はどれくらいで出る?頻度は?痛みは?

スカルプシュアーで部分痩せ!効果はどれくらいで出る?頻度は?痛みは?

Renew編集部
公開, 更新, , 脂肪吸引

スカルプシュアーは美容クリニックなどで行われている、レーザーを当てた部分の脂肪を破壊し、溶かしていくダウンタイムのない痩身治療です。

ここでは、スカルプシュアーについて、治療の効果はどれくらいで出るのか、どのくらいの頻度で治療を受ければよいのか、痛みはあるのかなどについて述べていきたいと思います。

スカルプシュアーとは?

スカルプシェアーは、痩身したい部分の脂肪組織にレーザーを連続または断続的に照射することで脂肪組織の温度を42℃から47℃に加熱して細胞を溶解します。

スカルプシェアー治療では、25分間レーザー照射することで、平均24%の皮下脂肪が破壊されると言われています。量でいうとだいたい卵一個分くらいです。

破壊された脂肪細胞は1~2ヶ月かけリンパから体外へ排出されます。

スカルプシュアー治療の効果はどれくらいで出るの?頻度は?

人間の身体の脂肪細胞は、もちろん個人差はありますが1ヶ月から3か月ほどかけゆっくりと排出されます。

ですので効果が現れるまでにはだいたい3か月くらいかかります。

同じ箇所でスカルプシュアー治療を二度続けて受けると、変化がよりわかりやすくなります。

なおこの期間は、体重を今より増やさないよう注意して生活しましょう。

また、スカルプシュアー治療は1回の施術で変化することもありますが、6週間以上空けて2回以上の施術を行うとさらに効果的です。

スカルプシュアー治療は痛みはあるの?

スカルプシュアー治療は治療部分にレーザーで熱を与えるので、痛みのようなものを感じる瞬間はありますが、すぐに機械の先端についている冷却装置で治療部分を冷やす仕組みになっています。

具体的にいうと、最初に10秒間熱くなり、その後冷却されるというのを30秒間隔で25分間繰り返していく治療法となっています。

ですので、治療が始まって最初の4分間から5分間は、次第に熱くなっていくため熱を感じやすいようです。

またスカルプシュアー治療ははダウンタイムもなく、腫れや痛みの心配のほとんどない治療法となっています。

ただ中にはレーザー治療した部分に筋肉痛のような違和感が生じる人もまれにいますが、それも一週間ほどでなくなります。

シミやホクロ取りのレーザーや脱毛レーザーなどとは違い、治療後の紫外線や乾燥対策なども必要ありません。

スカルプシュアー治療が有効な部位とは?

スカルプシュアー治療は美容クリニックの医師と相談し、、治療に有効な部位をしっかりと理解した上で治療を行うことが大切です。

スカルプシュアが特に有効とされる部位は腹部、太もも、二の腕などとなっています。

腹部への治療の場合は、特に皮下脂肪がついているタイプにはスカルプシュアーは効果を発揮しますが、内臓脂肪には効果がありません。

また一般的に「ぽっこりお腹」などと呼ばれている、ぽっこり膨らんでいる皮下脂肪にも効果があり、パンツを履くとパンツの上にかぶってしまうぜい肉や、ウエストラインなどの改善にも効果的です。

また太ももや膝上のたるんだ皮下脂肪にもスカルプシュアー治療は効果を発揮します。

二の腕については、年齢を重ねるとともに皮膚直下の脂肪が緩んでくるので、他の治療法のように単に脂肪が減っただけではきれいなラインにはなりません。

その点スカルプシュアー治療法では皮膚直下の脂肪にレーザーを当てることにより気になる部分を集中的に治療するので、いわゆる「振り袖」状態になった二の腕の脂肪を減少させ、きれいに整えてくれます。

関連する記事

顔の脂肪吸引の痛みや腫れは?:わずか30分で施術が終わる

顔に脂肪が付くと、必要以上に顔が大きく見えて恥ずか...

2019年07月04日, 脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引が人気の理由とは:痛みや腫れが少なく脂肪を多く取れる!

痩せたいとどんなにダイエットを頑張っても痩せなかっ...

2019年07月01日, 脂肪吸引

切らない脂肪吸引術・ゼルティックとは。効果が得られるのは2〜4ヶ月後。

ゼルティックとは、冷やすだけで脂肪を除去できる部分...

2019年07月24日, 脂肪吸引