レーザートーニングで肝斑治療!痛みや腫れは?化粧できる?どのくらいで効果が出る?

レーザートーニングで肝斑治療!痛みや腫れは?化粧できる?どのくらいで効果が出る?

Renew編集部
公開, 更新, , 肌・美白

レーザートーニングは、日本人女性のうち約4割にあると言われている肝斑をレーザーにより治療する、美容クリニックなどで行われている最新レーザー治療法です。

ここでは、レーザートーニングの効果について、痛みや腫れはあるのか、すぐに化粧はできるのか、またどのくらいで効果が表れてくるのかなどについて述べていきたいと思います。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、最新のレーザー技術により乾斑を治療する治療法のことを差します。特殊なレーザーを、最新のトップハット型照射で照射することにより、肝斑の原因となるメラニンの過剰生成を抑制する効果があります。

またレーザートーニングは、メラニン色素の排出と皮膚の生まれ変わりを促進させる効果もあるので、肝斑の他にもくすみや色素沈着、毛細血管拡張症や赤ら顔、肌のキメの荒さの改善などさまざまな効果が期待できます。

乾斑とは?

肝斑とは、いわゆるシミの一種です。30~40代にかけて少しずつ現れはじめ、アジア人女性に特に多く見られるようです。

頬骨や額などに左右対称にできやすく、肌との境目がぼんやりしていて、モヤモヤと広範囲に広がっている薄く茶色いシミであるといった特徴があります。

少し前までの肝斑の治療と言えば、トラネキサム酸やビタミンCなどを配合した内服薬や外用薬、ケミカルピーリングや光治療などが主流であり、レーザートーニング治療が美容クリニックなどで行われるようになったのは、比較的最近のようです。

レーザートーニングに伴う痛みや腫れはあるの?

痛みの感じ方には個人差があるので断言はできませんが痛みはほとんどないようです。

ただ人によっては、レーザー治療した際に肌をパチパチとはじかれたような軽い刺激や熱を感じる人もいるようです。

万が一痛みを感じる場合は、照射出力を下げるなどの対応を行うので、特に肌が敏感な人などは、美容クリニックの医師にあらかじめその事を話しておきましょう。

またレーザートーニング治療直後は、全体的に軽い赤みや腫れがでることがありますが、だいたい数時間以内には治まります。

ちなみに化粧などは、治療後すぐに行っても問題ないようです。

レーザートーニングの回数や間隔は?

レーザートーニングによる治療は肌になるべく負担をかけないように微弱なレーザーによる治療を行うため、1回のみでは効果を感じるのは難しいようです。

目安としては、だいたい5回から10回程度の治療が望ましいと言われています。

またレーザートーニング治療を受ける間隔についてはクリニックによってまちまちですが、だいたい10日から14日くらい間隔を開けてから次の治療をすることが多いようです。

また、ある程度肝斑が抑えられてきたら、その後は再び乾斑ができるのを予防するために、だいたい月に1回程度、肝斑が出やすい頬の部分のみ治療を行うというクリニックもあるようです。

どのくらいで効果が出るの?

レーザートーニング治療の場合は、はじめの2、3回ではほとんど変化は感じられません。その効果を実感し始めるのは、もちろん個人差はありますがだいたい4回目くらいからのようです。

なんとなく肝斑が薄くなってきたな、と感じるのはまさにそのぐらいの時期のようです。さらに5回、6回とレーザートーニング治療をを重ねていくと、どんどん乾斑は薄くなってきて、肌のハリや透明感も生まれてきます。

関連する記事

気になるほくろを除去したい!気になる美容整形の費用は?

目元や口元にあるほくろはセクシーだと言われ、メイク...

2019年07月04日, 肌・美白

毛穴改善の美容整形法:フラクショナルレーザーやサーマクール、カーボンピーリング

スキンケアだけでは治せない、毛穴のトラブル。隠しき...

2019年07月04日, 肌・美白

金の糸美容術って何?:効果は10年以上持続することができる!

シミやたるみで悩んでいたり、肌質をよくしたいと思っ...

2019年07月01日, 肌・美白