シリコンバッグによる豊胸のメリット・デメリット。ダウンタイムや費用も紹介。

シリコンバッグによる豊胸のメリット・デメリット。ダウンタイムや費用も紹介。

Renew編集部
公開, 更新, , 胸(バスト)

「綺麗なバストを手に入れたい」「ハリが欲しい」などの悩みを解決する豊胸手術。ヒアルロン酸注射や脂肪注入など、さまざまな種類があります。

その中でも、確実にバストアップできると人気を集めるのが、シリコンバッグ挿入による豊胸。メリットがある一方、人工物であるシリコンを体内に挿入することによるデメリットも存在します。

メリット・デメリットのほかにも、費用やダウンタイム、おすすめのクリニックもあわせてチェックしましょう。

シリコンバッグ豊胸の概要
効果シリコンバッグを挿入することでバストアップ
メリット

  • 確実なバストアップ、丸型のバストへ
  • デメリット

  • 傷跡が残る、破損のリスクあり
  • ダウンタイム3~7日程度
    持続期間半永久的
    費用50万円~100万円前後

    シリコン豊胸の仕組み

    シリコンバッグを用いた豊胸では、ワキの下やアンダーバストを3〜4cm切開し、希望のサイズ・形に合ったバッグを挿入します。

    扱っているシリコンバッグの種類は、クリニックによってさまざま。それぞれ内容物や強度、柔らかさなどが異なります。

    悩み・理想の胸の形に合わせ、挿入位置やバッグの種類、サイズを決めて挿入することで理想のバストを実現。バッグが体内にある限り、効果は半永久的に持続します。

    シリコン豊胸のメリット

    シリコンバッグによる豊胸のメリットは、一度で確実にバストアップができること。ヒアルロン酸注射や脂肪注入などでは、時間の経過とともに体内に吸収されてサイズが変化することがあります。

    一方、シリコンバッグは体内にある限り半永久的に効果が持続し、大幅なバストアップが可能。痩せ型の人でも2カップ以上のバストアップができます。

    シリコン豊胸のデメリット

    メスを用いて切開する施術なので、傷跡が残ります。ただし、多くの場合ワキの下のシワに沿って切開するため、ほとんど目立ちません。術後3ヶ月程度かけ、徐々に目立ちにくくなります。

    まれに体がシリコンバッグに異物反応を起こし、バッグの周りに膜を作ってしまうことも。この症状は拘縮と呼ばれ、バストが硬くなってしまいます。

    また、シリコンバッグは丈夫に作られていますが、劣化しないとは言い切れません。時間の経過に伴って体内で破損することがあります。

    最新のシリコンバッグは、仮に体内で漏れたとしても健康に問題ないように作られていますが、種類によっては炎症が起る場合もあります。

    シリコン豊胸のダウンタイム

    施術後、元通りの生活を送れるようになるまでに必要な期間は3~7日程度。この期間をダウンタイムと呼びます。

    シリコン豊胸の場合、施術後1週間は胸が張ったような状態になりますが、徐々に落ち着きます。

    ダウンタイム中は、入浴や運動などの血流を良くする行動を避けることで、腫れを最小限に抑えることが可能。

    費用は50万円~100万円前後

    クリニックによって差がありますが、費用相場は50万円~100万円前後。用いるシリコンバッグの種類や器具の種類によって、同じクリニック内でも費用が前後します。

    ほかの施術法と比較すると相場は高いですが、シリコンバッグによる豊胸は一回の施術で済み、初期費用しかかかりません。注射による豊胸を繰り返すよりも、お得に済むこともあります。

    シリコン豊胸でおすすめのクリニック

    東京美容外科

    全国各地に分院があり、10年以上前から、出血が少なくマッサージの必要がない独自の手法をおこなう美容外科。術式を学会で発表して以降、多くの医師に広まりました。

    最も得意とする施術の一つが豊胸術です。東京美容外科のバッグ挿入手術は、豊富な種類のシリコンバッグが特徴。

    自分の胸の形や理想に合わせて選択できます。相談から始めたい人は、まずは無料カウンセリングに足を運んでみましょう。

    東京美容外科をチェックする

    湘南美容クリニック

    湘南美容クリニックは大手のクリニックで、安全性とアフターケアーを重視した高品質の医療に定評があります。

    また、全国90院以上に症例実績があり、患者の安全性と満足度がとても高いです。シリコン豊胸をやってみたいけど、どこのクリニックに行けばわからないという方は、大手で安全性の高い湘南美容クリニックがおすすめです。

    湘南美容外科をチェックする

    関連する記事

    豊胸を安くするための方法:安いと危険性は増す?

    豊胸手術をしたいと考えているけれど、できれば値段を...

    2019年07月04日, 胸(バスト)

    ヒアルロン酸豊胸のメリット・デメリット・体験談:ほんとに安全?

    ヒアルロン酸の豊胸が、豊胸手術をするより負担が少な...

    2019年09月09日, 胸(バスト)

    豊胸における脂肪注入のメリット・デメリット・値段まとめ:痛みやDTは?

    豊胸手術でのポイントは、見た目が自然であること、自...

    2019年09月09日, 胸(バスト)