顔の脂肪吸引の痛みや腫れは?:わずか30分で施術が終わる

顔の脂肪吸引の痛みや腫れは?:わずか30分で施術が終わる

Renew編集部
公開, 更新, , 脂肪吸引

顔に脂肪が付くと、必要以上に顔が大きく見えて恥ずかしいと思う女性の方は多いですよね。

また、何らかの影響で顔に脂肪が多くついてしまった場合には、美容整形を使ってでも顔の脂肪を除去したいと思う人もいるかもしれません。

脂肪吸引というと、太ももやお腹などを行うイメージがありますが、顔も脂肪吸引をすることができます。

そこで今回は、顔の脂肪吸引はどのような方法で行われるのか紹介していきます。

希望のフェイスラインにするにはどれくらい吸引するのか、ダウンタイムはどれくらいかという部分は個人差があるので、直接医師に相談してみることをおすすめします。

全国に75のクリニックを展開している「湘南美容クリニック」では、ていねいなカウンセリングと充実した保証制度が整っているので、美容整形が初めての人でも安心して施術を受けることができます。

湘南美容外科をチェックする

顔の脂肪吸引方法

では、顔の脂肪吸引の施術を受ける手順はどのようなものなのでしょうか?

カウンセリング

まず最初は医師とのカウンセリングです。モニターやイメージ写真を使ってどれくらい吸引するのか、どのような施術なのかを見ていきます。

ここで自分の希望のフェイスラインや、脂肪を取りたい部分をしっかりと医師に伝えます。

医師からも施術に関するアドバイスや、施術後のリスクについて話してもらえるので、疑問がある場合はカウンセリング時に全て解消しておきましょう。

全身麻酔

カウンセリングが終わってそのまま施術に移る方もいれば、一度自宅に帰って数日考えてから再来院する方もいます。

施術を受ける際は最初に全身麻酔をします。

麻酔の後に、カウンセリング時に決定したデザインをていねいに再現して体に印を書いていきます。

脂肪の吸引

吸引の前に、脂肪を吸引しやすくするまた出血や痛みを抑えてくれる医療用の特殊な液体を体内に注入していくクリニックもあります。

希望する場合は、事前にクリニックのHPやカウンセリングの際に確認しておきましょう。

顔の脂肪吸引を行う時には、カニューレと呼ばれる医療用の管を使って脂肪吸引する形をとります。

「顔に管を通すってどこから?」とびっくりする人も多いかもしれません。

まず、顔にカニューレを通す場合には、かなり極細の管を使うので安心して大丈夫です。また、管を通す場所は鼻の穴の内側や耳の後ろなど、傷が目立たない場所から通すので他人にバレる心配もありません。

縫合・固定

カニューレを挿入した傷口を縫合するために糸で縫い合わせます。この傷口や縫い合わせる部分はわずかな面積だけなので傷はすぐに治ります。

この顔の脂肪吸引については、時間にすると30分程度とかなり短時間で済むのであまり顔への負担がかからないというメリットもあります。

また内出血を防ぐために、ガードルでしっかりと固定します。外出時に取り外しできる場合と、できない場合があるので医師との相談を忘れずに行ってください。

痛みとダウンタイム

顔の脂肪吸引はわずか30分で終了するとは言っても、痛みが気になるものですね。

しかし、顔の脂肪吸引をする時には局所麻酔を行うので基本的には痛みがありません。また、麻酔が切れた後に熱を持ったような痛みがある場合もありますが、1週間程度で痛みはなくなります。

ダウンタイムについては、痛み以外にも腫れやむくみが気になります。顔の脂肪吸引を行った場合のダウンタイムはだいたい5日前後です。1週間もあればすっきりとした顔に戻るので心配ありません。

費用について

顔の脂肪吸引には、いくらぐらいのお金が必要なのでしょうか。

顔の脂肪吸引は主に顎や頬になりますが、両方とも250,000~500,000円くらいかかります。除去する範囲が広ければ広いほど金額は高くなります。

各クリニックの顔の脂肪吸引の料金を比較してみたので、参考にしてみてください。

クリニック名施術名料金
湘南美容クリニッククリニックほほ+アゴ骨上546,000円
品川美容外科ほほ両側72,220円
共立美容外科顔(ほほ)の脂肪吸引324,000円
Kunoクリニック頬骨上172,800円

考えられるリスク

顔の脂肪吸引をすることでのリスクは、脂肪吸引をしすぎると凹凸が目立つ場合があります。

また、皮膚のたるみも目立ってしまうこともあります。このようなリスクを避けるためにも、必要以上に脂肪吸引をすることは避けることが望まれます。

顔の脂肪吸引後に気をつけること

顔の脂肪吸引をした後、抜糸までの期間(およそ1週間)は激しい運動を避ける必要があります。なぜかというと、筋トレなどの激しい運動をしてしまうと血流が良くなるのでダウンタイムが長くなる可能性が高いからです。

そのため、抜糸をする1週間までは普通の家事や短い距離を散歩するくらいに留めておきましょう。

では、いつ頃から運動や筋トレができるようになるのかというと、2週間くらい経過してから痛みや腫れの具合と相談しながら行ってください。そして、4週間を過ぎると痛みも腫れも完全に治まっている場合がほとんどなので、何をしても問題ありません。

脂肪吸引をするなら湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、国内脂肪吸引実施数全国1位で、過去10年で24612件の脂肪吸引を行なった実績があります。

カウンセリングを無料でやってもらうことができるので、見積もりをだしてから検討することも可能です。

湘南美容クリニックの脂肪吸引法は、脂肪細胞自体を吸い出すためリバウンドしにくく傷口も小さく目立たないので安心して受けることができます。

また保証制度がしっかりしているのも嬉しいポイントですよね。ぜひ理想のフェイスラインにするためにまずは医師とのカウンセリングに足を運んでみてください。

湘南美容外科をチェックする

関連する記事

太ももの脂肪吸引法とは:術後の痛みはあるが効果は長持ち!

太ももの脂肪は落としたくてもなかなか落ちないもの。...

2019年07月04日, 脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引が人気の理由とは:痛みや腫れが少なく脂肪を多く取れる!

痩せたいとどんなにダイエットを頑張っても痩せなかっ...

2019年07月01日, 脂肪吸引

背中の脂肪吸引とは。方法や効果、ダウンタイムを紹介。

背中に脂肪がつくと後ろ姿が丸く、全体的に老けた印象...

2019年10月09日, 脂肪吸引