レディエッセの顎整形とは? ヒアルロン酸・プロテーゼとの比較もご紹介

レディエッセの顎整形とは? ヒアルロン酸・プロテーゼとの比較もご紹介

Renew編集部
公開, 更新, , 輪郭・あご

顎が低くて、横顔がきれいに見えない…と悩んでいる人がいるかもしれません。

横顔をきれいに見せたいけれど、できるだけメスは入れずに整形をしたいという人には、レディエッセという施術がおすすめです。このレディエッセで施術をすると、顎形成がメスを使わず簡単に行うことができます。

ここでは、美容整形でよく使われるヒアルロン酸やプロテーゼと比較しながら、レディエッセについて紹介します。

レディエッセの施術内容は?

レディエッセとは、アレルギーを起こしにくいジェル状の物質をアゴに注入し、輪郭やアゴのラインを整える施術です。

歯や骨を形成するカルシウムハイドロキシアパタイトという成分が主成分になっており、アレルギー反応が少ないので安心です。

ジェルを注入する施術なので、メスで切開することのない切らない施術として注目を集めています。

注入すると、時間をかけて体内に吸収され、長期間にわたって形状を保ち続けることも特徴です。

レディエッセがおすすめの人はこんな人!

レディエッセをおすすめしたい人は、

・顎を簡単に形成したい人

・持続時間を長くしたい人

・整形時間を少しでも短くしたい人

・アレルギー体質でも整形したい人

・ダウンタイムを少なくしたい人

このような人が、レディエッセでの整形をおすすめしたい人です。リスクを最小限に留めたい人に、おすすめできる施術だということがわかります。

レディエッセで得られる効果

レディエッセで得られる一番の効果は、顎をしっかりと出すことができるということです。

顎が緊張状態になっていたり、梅干しのようにシワになっている人には、ボトックス注射を併用することで効果を更にアップさせることができます。

ここでヒアルロン酸とプロテーゼとの比較を見てみましょう。

ヒアルロン酸よりも優れている点

・持続時間

ヒアルロン酸は6~12ヶ月なのに対して、レディエッセは12~18ヶ月持続します。

・使用量

ヒアルロン酸はしっかりと顎を形成する時には量を増やすが、レディエッセは少量でも高い効果を発揮します。

プロテーゼよりも優れている点

・ダウンタイム

プロテーゼはダウンタイムが5~7日程度ですが、レディエッセはほぼ0といわれています。

・施術時間

プロテーゼは20~30分の施術時間がかかりますが、レディエッセは5~10分で終了します。

レディエッセの費用

アゴの形やデザインによって個人差はありますが、一回の施術で10万~20万円が相場になります。

ヒアルロン酸よりも長持ちすることや、少量でも効果を発揮する点を考えるとお得な施術と言えるでしょう。

ダウンタイムと痛み

最後に、整形をする人なら絶対に気になるダウンタイムと痛みについてまとめてみました。

レディエッセ施術によるダウンタイム

ダウンタイムによる腫れはほとんどありません。しかし、稀に腫れが数日続く時もあります。

違和感が消えなかったり腫れが続く場合には、感染症を起こしている場合も考えられますので、施術を行ったクリニックを再度受診するようにしましょう。

レディエッセ施術による痛み

痛みについては、術後は1週間程度の痛みがあるものです。しかし、こちらも稀に痛みが数ヶ月続いたという口コミもありますので、個人差があることを覚えておきましょう。あまりに長い場合は医師に相談すると良いでしょう。

麻酔の時にも痛みがあるものですが、こちらは注射くらいの痛みになります。痛みに弱い場合は、あらかじめ施術が行われる前に、医師に痛みが弱いことを伝えておくことをおすすめします。

術後の痛みへの対処法は、医師から処方される痛み止めになります。しかし、こちらはどうしても耐えられない時のみになりますので、医師と相談してから処方してもらうようにしましょう。

関連する記事

エラで悩んでいる人は多い!エラ手術でスマートな小顔を手に入れる

エラで悩んでいる人は多いと、よく聞きますが具体的に...

2019年07月04日, 輪郭・あご

エラ整形の方法は?:ボトックス・エラ削り・レーザーの施術内容やダウンタイムをご紹介

日本人の女性の中には、「エラがはっていて顔が大きく...

2019年07月01日, 輪郭・あご

BNLS注射を安く受けられるクリニック。選び方や注意点を紹介。

注射で脂肪を溶解し、部分痩せが実現できるBNLS注...

2019年08月16日, 輪郭・あご