二重まぶたの整形の種類をご紹介:なりたいまぶたのタイプは?

二重まぶたの整形の種類をご紹介:なりたいまぶたのタイプは?

Renew編集部
公開, 更新, , 目元

いつもアイプチなどで二重まぶたを作っていると、まぶたが荒れてくるので、いっそのこと整形で二重まぶたにしたいと思っている方はいるのではないでしょうか。

整形した方が、まぶたが荒れる心配もないのでいいかもしれません。そもそも二重まぶたの整形には、どのような整形方法があるのでしょか。

今回は、二重まぶたの種類を紹介していきます。また自分にぴったりのまぶたの種類や施術がどれなのかわからないという方は、まずはカウンセリングに足を運んでみましょう。

全国に75のクリニックを構える「湘南美容クリニック」では、ていねいなカウンセリングを受けることができるので、不安なことを施術前に全て解消することができます。また無理な勧誘もないので、美容整形をすることが決定していなくても大丈夫です。

湘南美容外科をチェックする

二重まぶた整形の種類

二重まぶたの種類には大きく分けると「埋没法」と「切開法」という2つの方法があります。この2つの1番の違いは、メスを入れるか入れないか。詳しく見ていきましょう。

埋没法

埋没法の特徴は、まぶたに小さな鍵穴を開けて二重を形成するという方法をとることです。糸の留め方は美容外科それぞれの留め方がありますが、1点留めよりも、2点・3点留めなど留める個数が多い方がその後も取れにくいです。

【埋没法のメリット】

・整形金額が安い

・ダウンタイムが少ない

・出血が少ない

・痛みが少ない

・手軽に行うことが出来る

・やり直ししやすい

【埋没法のデメリット】

・糸が切れる場合がある

・二重が元に戻る場合もある

埋没法?挙筋法

埋没法の中にも大きく分けて2つの種類があります。その2つの方法をご紹介していきます。

まず挙筋法は、二重まぶたのラインを形成する糸を、まぶたの眼瞼挙筋という筋肉に留める方法です。

この方法は、瞼の奥の柔らかい筋肉に糸を通しているため、眼球に触れることはなく、施術後にゴロゴロするといったような違和感がありません。

また二重まぶたのラインの持続力もいいと言われています。術後、まぶたをひっくり返しても傷跡が少ないのはこちらの挙筋法です。

埋没法?瞼板法

瞼板法では、二重まぶたのラインを形成する糸を、瞼板というまぶたの軟骨に留める方法です。

こちらの方法で二重整形を行うと、施術時間が短いというメリットがあります。しかし糸の結び目が眼球に近く、施術後に眼球に違和感が出やすいというデメリットもあります。

また瞼板法での埋没法は、抜糸が簡単なため、二重幅を変えたい方や、様子を見ながらやり直したいと考えている方におすすめです。

切開法

切開法の特徴は、まぶたにメスを入れて二重整形を形成するという方法をとることです。

くっきりとした二重を形成したい人におすすめする施術です。切開法には、まぶたの上を数?切開するミニ切開法と眼球のラインに沿ってしっかりと切開する全切開法があります。

【切開法のメリット】

・半永久的に二重が続く

・くっきりとした二重になる

【切開法のデメリット】

・埋没法よりも整形金額が高い

・ダウンタイムが長い

・やり直しが行いにくい

切開法?部分切開法

部分切開法は、表面に1~2cmメスを入れてまぶたを持ち上がりやすくする切開法での方法です。

埋没法で二重のラインがうまくつかないという人や、脂肪でまぶたが重たいという人におすすめします。

切開法?全切開法

全切開では、上記のように切れ込みを入れるだけでなく、二重ラインを作る上で邪魔になる脂肪や組織を取り除いた後に、糸で縫い合わせる方法です。

部分切開と同じように埋没法のにでは二重のラインがうまくつかないという人におすすめです。もともと一重まぶたでまぶたの脂肪が重たく感じる人は全切開法でラインを作ると埋没法のように取れてしまうという心配が軽減されます。

切開法?目頭切開法

目頭切開法は、目頭にメスを入れて、二重のラインを作る方法です。また目頭を切開するため、目の横幅を広げることもできます。

目頭に上まぶたが重ならないので、視野が広くなる効果や、目と目の距離が近くなるというメリットもあります。

埋没法と切開法、人気なのはどっち?

では、埋没法と切開法ではどちらが人気なのでしょうか?これはクリニックによっても違いがあるかもしれませんが、半々くらいの割合になりますのでどちらが人気とは言いがたいです。

例えば、整形した後に長い休みを取ることが難しいけど整形したことがバレたくないという場合はダウンタイムの少ない埋没法を選ぶ場合が多いですが、外国人のようなぱっちり目を初めから希望する人は切開法を選びやすいです。

二重まぶたの種類

埋没法と切開法それぞれのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、ここからは二重まぶたを形成するラインや、まぶたの形の違いについて見ていきましょう。

まぶたの種類は大きく分けて4つに分かれています。自分は現在どのタイプで、整形するならばどのタイプが合うのかチェックしてみてください。

一重

一重まぶたは、まぶたにラインがない状態です。日本人にもっとも多いまぶたのタイプと言われています。

一重まぶたでも十分明るい目元の印象を与える方もいますが、まぶたに脂肪がついている場合、黒目が見える面積が少なくなるため、重たいイメージになってしまいます。

一重まぶたから二重まぶたに整形する人は増えており、二重のぱっちりした目を希望する女性が多いようです。

奥二重

二重の幅が狭く、目を開くと二重のラインが隠れてしまうまぶたです。

一重まぶたよりも黒目が見える範囲が広くなるため、瞳が丸く見えます。顔全体の印象をあまり変えたくないという方は、奥二重に整形することもあります。

また奥二重から二重幅を広げるために、埋没法で何点か留める方も多いです。奥二重から整形するときに元のラインが残ってしまわないか?たくさん線ができてしまうのではないか?と不安な方は、関連の記事もあわせてチェックしてみてください。

末広型

末広(すえひろ)型は、二重のラインが目頭から目尻にかけて広がっていくタイプのまぶたです。正面から見て、黒目がしっかり映えるので美しい印象を与えます。

また多くの女性が末広型のまぶたであり、日本人がもっとも似合うと言われている二重の形です。

一重まぶたや奥二重の方が末広型に整形することも多いようです。普段ナチュラルメイクの方や自然な仕上がりを希望する方におすすめの形です。

平行型

平行(へいこう)型は、二重のラインが目頭から目尻まで均一なタイプの二重まぶたです。

平行型にも幅の広いまぶたと、幅の狭いまぶたがあります。生まれつき平行型だけども、さらに目元を大きく見せるために整形で幅を広くするという方もいます。

華やかな目元を手に入れたい方には平行型をおすすめします。ただし整形していることを周囲の人に知られたくないという人は、幅の広い平行型にしてしまうと印象が変わりバレてしまうことがあるので、二重のラインは事前に医師と相談の上で決定してください。

元の目の形は整形方法に関係ある?

「今の自分の目の形からできない整形方法はあるのか?」という質問がよくクリニックで聞かれるそうですが、元の目の形で整形方法が限定されることはありません。

しかし、まぶたがかなり分厚く、脂肪が人よりも多くある場合は埋没法を何度行っても二重まぶたが元に戻ってしまうというケースが少なくありません。このような時には、切開法にてまぶたの脂肪を除去し、半永久的に二重を形成する方法をおすすめします。

また、埋没法はやっぱり整形をやめたいという時でも糸が筋肉と癒着していない限り簡単に元に戻すことができるので、二重整形をしても、元に戻したいかもしれないと少しでも思っている場合は、埋没法で整形することをおすすめします。

二重整形するなら湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは最新治療を取り入れていて、保証制度もしっかりしているので安心してうけることができるでしょう。

二重整形では、埋没法も切開法もメリットとデメリットがあります。どちらの整形方法で二重を形成するのが自分にとって良いのかは、整形する時のカウンセリングでしっかりと医師と相談する必要があります。

湘南美容クリニックでは、ていねいにカウンセリングを行ってくれるので、理想のぱっちり二重にしてもらえるでしょう。まずはカウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。

湘南美容外科をチェックする

関連する記事

まぶたのくぼみの原因と改善方法紹介:美容整形でコンプレックスを解消!

まぶたの上にくぼみがあると、少しくらいなら堀が深く...

2019年08月26日, 目元

平行二重の方が目が大きく見える?:だけど平行二重にできない人もいる!?

目元の二重整形では、広末型二重と平行型二重という2...

2019年08月26日, 目元

韓国で話題のシャネル注射とは。効果や費用などを詳しく紹介。

韓国で話題沸騰中のシャネル注射。シャネル注射は、し...

2019年08月26日, 目元