埋没法の食い込みの対処法は?腫れが1ヶ月長引くことも

Renew編集部
公開, 更新, , 埋没法

埋没法とはメスを使わない美容整形で、施術中の痛みが少なく、施術後の腫れや内出血も出にくいことから、若い女性の間で人気を集めています。

そんな埋没法でせっかく理想の二重をゲットしたのにも関わらず、食い込みの線が目立ってしまう…そんな人も少なくないかも。

この食い込みはまぶたに残った糸によるもので、まぶたの腫れが収まると同時に消えていきます。

しかし、人に会う前に一刻も早くこの食い込みを消したい!という人はこの記事を参考にしてみて。

埋没法による腫れの食い込みはいつまで?

埋没法は二重整形の中でも最もダウンタイムの少ない方法になりますが、それでも平均2~3日は腫れが残ります。体質によるものなので、1週間程度腫れる人も。

1~2週間たっても一向に腫れが引かないようだと、一度病院で見てもらった方が良いでしょう。

埋没法の種類

一口に埋没法といっても、施術方法は大きく分けて以下の2つに分かれています。

まぶたの腫れやすさ、持続力にも差があるので把握してから選択するようにしましょう。

挙筋法

挙筋法は、二重まぶたを形成する際の糸を瞼の眼瞼挙筋という筋肉に留める方法です。瞼の奥の柔らかい筋肉に糸を通すため、眼球に触れることがなく違和感を感じることも少ないといわれています。

また下記で説明する瞼板法よりも、二重まぶたの持続力が高いのも特徴。術後、まぶたをひっくり返しても傷跡が少ないのはこちらの挙筋法です。

瞼板法

瞼板法は、二重まぶたを形成する際の糸を瞼板という瞼の軟骨に留める方法。施術時間が短いというメリットがあります。しかし糸の結び目が眼球に近く、施術後に眼球に違和感を感じやすいというデメリットも。

また瞼板法での埋没法は抜糸が簡単にできるため、二重幅を変えたい、やり直したいと思った時に便利でしょう。

埋没法の腫れによる食い込みの対処法

埋没法は、メスを使わずダウンタイムも少ない手軽な二重整形法ですが、ある程度の腫れは当然出てきます。

この腫れから生じるまぶたの食い込みが気になる人、とにかく早く抑えたい人は以下の方法を試してみて。

ダウンタイム期間を確保しておく

埋没手術後の腫れ・食い込みが気になる人は、まずダウンタイム期間を確保してから施術を受けるようにしましょう。

学校が休みの夏休み期間を利用したり、仕事の長期休みをとったりと工夫をして、人に会わない期間を術後1週間程度用意しておくと安心でしょう。

この期間は外出せずにメイクもしなくていいので、目元への負担も減ります。

冷やす

もしも腫れを早く引かしたい時には、まぶたを冷やすことをおすすめします。また、寝る時にはなるべく頭を上げて血液が下に流れないようにしましょう。

しかし冷やしすぎると、組織の回復を遅らせ逆効果。冷たいと感じたらやめるなど、適度に時間を見ながら冷やしましょう。

血流を高める行動を控える

腫れの原因には、目やまぶたに血流が上がってきてしまうことがあります。そのため、血流を高めるような運動全般を控えると良いでしょう。

具体的には、アルコール・運動・お風呂などが挙げられます。腫れが引くまでの1週間程度は控えてみて。

メイクでごまかす

まぶたの腫れが引かないまま誰かと会わなければいけない場合には、メイクで隠しましょう。ただし、腫れがひどい場合はメイクをすることで回復を遅らせることになるので要注意。

メイクで食い込みを隠すポイントは、できるだけアイメイクを濃くすること。ブラウンのシャドウを使うなどして食い込みをぼかしてみて。

しかし、術後すぐにメイクをするのは色素沈着のリスクもあり危険。最低2~3日はアイシャドウを使うのは控えましょう。

メガネでごまかす

メガネをかけて、目元全体を隠すのもおすすめ。

上記のメイクで伴うようなリスクがないので、最も安心な食い込みの隠し方だといえます。

食い込みが出やすい人の特徴

埋没法で生じたまぶたの腫れによる食い込み。この食い込みが出やすい人の共通点を紹介します。

幅の広い二重にした人

平行型や幅広の二重整形をする場合は腫れが長引き、時には1ヵ月を超えるほどのひどい場合も。

平行型や幅広の二重は、埋没した部分がまぶたであまり隠れないため、腫れが目立ってしまいます。

具体的には、目を開けた状態で4mm以上の二重幅にした場合、長くて1ヶ月ほど腫れが引かない状態に。

施術の前のカウンセリングでは、このことも踏まえて理想の二重幅を決めるようにしましょう。

アトピー性質の人

アトピー性質の人や、以前からアイプチを繰り返し肌が荒れている人は、腫れが出やすい場合があります。

元からダメージを受けている肌にさらに刺激を加えるので、腫れがひどくなるのも無理はありません。

アトピー肌の人は施術前に、なるべく保湿を徹底しましょう。アイプチをしている人は、施術の一定期間前にはアイプチの使用をやめ保湿をし肌質改善をすることをおすすめします。

安心のアフターケアを提供する湘南美容クリニック

埋没法の二重整形をした後は、多かれ少なかれ腫れによる食い込みがあることは逃れられません。食い込みが多く見られたときは、紹介した方法をぜひ試してみて。

また、なるべく腫れないためにも信頼できる技術を持ったクリニックを選びましょう。おすすめは湘南美容クリニック。

こちらは、全国に90院以上を展開する最大手の美容クリニックです。低価格で高品質医療を提供する美容クリニックとして、高い知名度と人気を誇っています。

クイックコスメティーク法と呼ばれる二重術が特に人気。腫れが少なく術後すぐにメイクが可能な上に、目をつぶったときに糸が目立たないため、最もばれにくい二重術として人気を集めています。

湘南美容外科をチェックする

関連する記事

埋没法とは:効果やメリット・デメリット、ダウンタイム、費用

二重整形には切開法と埋没法があります。中でも埋没法...

2019年07月04日, 埋没法

埋没法後のコンタクト使用の注意点。方法によっては当日から着用。

埋没法の施術は、まぶたの中に糸を入れるため、術後の...

2019年07月01日, 埋没法

埋没法の術後の腫れを早く引かせるコツ。効果的な冷やし方も紹介。

手術時間やダウンタイムが短く、値段も2〜5万円と比...

2019年07月18日, 埋没法