頬に膨らみ与える美容整形法は?:若返った印象をゲットしよう

Renew編集部
公開, 更新, , 輪郭・あご

年齢より老けて見られたり疲れている印象に見られたことはありませんか?歳をとるにつれて顔の脂肪が落ちると、頬のたるみの原因になったり老けて見られる原因になります。

顔の肉と体の肉は決して比例しません。

美容整形をすれば、頬の膨らみを取り戻せて若々しい印象を与えることができます。

そこで今回は、頬に膨らみを与える美容整形法について紹介していきます。

頬に膨らみ与える美容整形法は?

ドールチーク(頬形成)とは、その名の通り人形のようなふっくらした頬を形成する頬形成の一種の総称です。 ドールチークの中には3パターンの方法があります。

ヒアルロン酸注入

1番手軽でポピュラーなものがヒアルロン酸注入です。

手術時間も短くヒアルロン酸ならではの柔らかさで、頬の注入に適しています。メスを使わないため整形に抵抗のある方でも挑戦しやすいです。

脂肪注入

お腹や太ももから脂肪をとって頬に注入します。

脂肪が定着すれば半永久的なものなのでメンテナンスの必要がなく、また自身の脂肪を使うため注入によるアレルギーも少ないです。

プロテーゼ挿入

プロテーゼとは、人間の軟骨に近い素材のことで、確実性の高い方法です。プロテーゼを挿入することにより頬にしっかりとした膨らみを形成し、人形のような可愛らしい印象を作ることができます。

各美容整形の美容整形術内容とは?

ヒアルロン酸注入は、細い注射針を用いて頬にヒアルロン酸を注入します。ヒアルロン酸の特長として微調整がしやすいため他の箇所にもよく使われています。

脂肪注入ですが自身の腹部や太ももにカニューレを挿入し、脂肪を抜いたあと頬に注入し膨らみを作ります。

ヒアルロン酸は吸収されるためメンテナンスが必要ですが、脂肪注入は定着すれば半永久的な持続が可能です。

プロテーゼの挿入はプロテーゼのサイズによって切開部分が変わります。小さいサイズのプロテーゼの場合は、下まぶたの結膜を、大きいサイズのプロテーゼの場合はまつ毛のすぐ下を切開します。

頬の膨らみを出すために入れるプロテーゼは頬専用のものです。頬骨の上を剥離し神経の穴を避け挿入します。 切開が伴う分確実性はあります。

各美容整形の美容整形費用

ヒアルロン酸 約20万円前後~

脂肪注入 約30万円前後~40万円前後

プロテーゼ挿入 約40万円前後

各美容整形のダウンタイムやリスク、痛み、バレる可能性

腫れや痛みには個人差がありますが、ヒアルロン酸は比較的ダウンタイムが少なく大きく腫れることもほぼないです。ダウンタイムも2~3日程で考えても良いでしょう。

痛みも注入するのみなので少なく麻酔無しで行う方もいます。(もちろん、笑気麻酔や部分麻酔もあるので施術の際はご相談ください)

脂肪注入は脂肪を抜く腹部や太ももにも腫れ、痛みが出ます。注入後のダウンタイムも少なくとも1~2週間程は必要です。

プロテーゼ挿入は切開が伴う分ダウンタイムが長くなります。大きな腫れは1週間~1ヵ月、落ち着くまでに長くて半年程必要です。また痛みも1番大きく、リスクとしては微調整ができないことが挙げられます。

どの方法でも腫れが落ち着けばバレる可能性は低いです。何だか肌にハリが出た?なんて言われることはあるかも知れません。顔の脂肪は若さの証とまで言われているので若々しくなることに間違いはないでしょう。

頬に膨らみを与えたいなら湘南美容クリニックで!

湘南美容クリニックには、7種類ものヒアルロン酸があり患者の悩みに合わせたものを提供してくれるので、安心です。

短時間で手術が終わり、すぐに効果を実感することができるのも嬉しいポイント。

しっかりと専門医がカウンセリングを行なってくれるので、どの方法が自分に一番合うのか相談してから決めるのもいいでしょう。

保証制度もしっかりとしているので、試しに一度行ってみてはいかがでしょうか。

湘南美容外科をチェックする

関連する記事

Eラインとは?理想的なEラインになる方法、ダウンタイムや費用も

みなさん、Eラインという言葉を聞いたことがあるでし...

2019年07月04日, 輪郭・あご

エラ削り(下顎角形成)のダウンタイムはどのくらい。期間の長さや症状を解説。

特に顔の印象を左右するフェイスライン。きれいな輪郭...

2019年08月19日, 輪郭・あご

顎整形の費用を施術法別に紹介。安く安全なクリニックを選びましょう。

フェイスラインを印象付ける顎。顎が長く顔全体が大き...

2019年09月05日, 輪郭・あご