埋没法の麻酔はどのくらいの痛み?全身麻酔に変えることも可能。

Renew編集部
公開, 更新, , 埋没法

二重の埋没法の手術の際には局所麻酔を打ちますが、中には「麻酔が一番痛かった」という人もいます。

しかし最近のクリニックでは、麻酔の注射針で痛みを感じにくくするために、事前に点眼やクリームを用いるなどの工夫がされていることがほとんどです。

中には、目に麻酔をすることへの不安や恐怖から、局所麻酔ではなく全身麻酔を用いる人もいますが、これにはデメリットも存在します。

今回は、埋没法の施術をするときの麻酔の種類や痛み、またダウンタイム中の痛みについて紹介。

埋没法で用いられるのは局所麻酔

クリニックで用いられる麻酔には、表面麻酔や笑気麻酔、局所麻酔、静脈麻酔などの種類があります。埋没法の手術で用いられるのは、基本的に局所麻酔。

局所麻酔をすることで、手術をする部分の痛みを感じる神経を麻痺させることができます。手術中は麻酔が効いているため、痛みはほとんどないと考えて問題ありません。

麻酔の注射が唯一痛い瞬間

麻酔の注射を打つ際は、神経がまだ正常に作用しているため、痛みを感じる人は多くいます。しかし多くのクリニックでは、その前に点眼麻酔や麻酔クリームを使ってまぶたの感覚を鈍らせるのが一般的。

その状態から極細の針を用いて、局所麻酔の注射を目のつけ根部分と瞼の裏側に打つので、痛みは一瞬チクッとする程度です。

痛みが心配な場合、カウンセリングで痛みがどのくらいなのか聞いたり、医療実績が多い病院で施術を受けるなど工夫しましょう。

施術後に痛む場合もある

埋没法は、施術後強い痛みが出ることはほとんどありません。痛みがあったとしても、結合した部分がじんじんとしたり、熱を持った痛みが2〜3日続く程度です。

痛み止めを服用する程の痛みではありませんが、麻酔が切れて鈍痛を感じる場合には、痛み止めを処方してくれる病院もあります。

全身麻酔に変えることも可能

二重整形に関しては、埋没法も切開法も基本的には局所麻酔を用いますが、クリニックによっては希望をすれば全身麻酔に切り替えることも可能です。

しかし、全身麻酔に切り替えることで、整形費用が更に高くなることや全身麻酔による副作用として、麻酔が切れた後の吐き気などのリスクがあることも把握しておきましょう。

理想の二重にしたい場合、局所麻酔がおすすめ

局所麻酔用いた施術には、意識があるという全身麻酔を用いた施術とは異なる特徴があります。この特徴の違いから、局所麻酔のほうが自分の理想とする目に近づきやすいのがポイント。

局所麻酔をしながら二重整形をすることで、クリニックによっては整形途中に自分で鏡を見て、自分の希望している二重のラインになっているかどうか医師と一緒に確認できます。

整形途中に鏡で二重のラインをチェックすることができれば、整形が終わった後に二重のラインを修正したいと思うこともほとんどありません。これは、瞼を痛めるリスクも少なくなるというメリットにもつながります。

埋没法は整形の中では気軽に行える整形で修正もしやすいですが、瞼に多かれ少なかれ負担をかけるものなので、一回の施術で自分の理想のラインを作ることができるのは大きなメリットです。

信頼できる東京美容外科での埋没がおすすめ

手術の痛みが怖い人は、全身麻酔にも変えられますが、デメリットもあるので理解しておくことが大切です。

東京美容外科の埋没法は、腫れの少ない手術で、瞼にあまり負担がかかりません。局部麻酔を用い、痛みなどストレスを感じることなく手術を受けられます。

また、自然な二重や平行二重など好きなデザインを希望可能。デザインは1mmにこだわっているので、自分の顔に合った納得のデザインにしてくれるでしょう。

東京美容外科をチェックする

関連する記事

美容整形で幅広二重を手に入れよう:埋没法と切開法の違いやデメリットも紹介

一重は美人顔に見えると言っても、やはりぱっちり二重...

2019年07月01日, 埋没法

埋没法の食い込みの対処法は?腫れが1ヶ月長引くことも

埋没法とはメスを使わない美容整形で、施術中の痛みが...

2019年09月18日, 埋没法

奥二重でも埋没法・切開法で理想の二重幅にできる:施術方法と費用についてご紹介

奥二重は、二重幅が狭くまぶたの重みやたるみで二重の...

2019年07月01日, 埋没法