埋没の二重ラインを抜糸して元に戻したい!料金とおすすめのクリニックを紹介

埋没の二重ラインを抜糸して元に戻したい!料金とおすすめのクリニックを紹介

Renew編集部
公開, 更新, , 埋没法

施術にかかる時間が10分~20分と短い上にダウンタイムも長くて1週間であることから、プチ整形として人気を集める埋没法。

医療用の細い糸をまぶたに通すことで二重のラインを作り出すもので、術後の結果が気に入らなかった場合には抜糸をした上でやり直すことができます。

しかしいくら痛みや腫れが少なく手軽な手術法であるといっても、体へのダメージは大きいので、何度もやり直しをすることはおすすめできません。

それでも抜糸をしたい、という人は以下に紹介する抜糸にかかる費用やリスクを参考によく考えてみて。

埋没法を抜糸するときの方法

埋没法の抜糸方法には2種類あります。抜糸をおこなう時期や状況によっては自分で選択できないこともあるので、事前に医師と相談して決めましょう。

手術をした針穴から糸を引き抜く

この方法は、新たに傷を作ることなく抜糸をおこなうことができるのでおすすめ。痛みに抵抗がある場合は、麻酔をかけてから施術をおこないます。

手術をしてから日が浅い場合はこの方法を用いますが、糸がもろくなったり透明になり見えづらくなっている場合などは難しくできない場合も。

糸の結び目近くを切開する

糸のまぶたの表面を1~2mmほど切開し、そこから留めてある糸を取り出すの方法。せっかく切開不要の埋没法で二重を作ったのにも関わらず、抜糸で切開をすることになります。

切開したまぶたの皮膚は縫い合わせることはせず、自然治癒に任せるのが一般的。技術力のある医師の場合には、まぶたの裏から抜糸をおこなうこともあります。まぶたの裏から抜糸する場合は、まぶたの表に傷が残りません。

埋没法を抜糸する時の平均的な料金

有名な大手クリニックで埋没法の施術を受けた場合、保証対象期間内であれば抜糸は無料のところが多くなっています。

また保証対象期間外の場合、埋没法の施術と同じクリニックでおよそ1万円、別のクリニックでおよそ2万円弱で抜糸が可能です。

抜糸のダウンタイム

抜糸のダウンタイムは、埋没手術と同じく1週間程度見ておけば安心でしょう。切開をした場合、直後は赤い点として目立ちますが、2日後にはかさぶたになり目立たなくなります。

目安としては、洗顔やスキンケア・メイクが翌日からでき、アイプチやまつげエクステなど負担のかかるものは1週間程度あけるのがおすすめ。

これも個人差が大きく、抜糸が困難であった場合は切開する範囲を広くする必要があったりと状況にもよるので、医師に相談してみてください。

抜糸する際の注意点

抜糸にはリスクもつきもの。以下の注意点をしっかりと把握してから受けるようにしましょう。

長期間経過している場合は要注意

埋没手術から長い時間が経ってしまうと糸の色が透けてしまったり、糸の周りに繊維状の膜ができて自分の皮膚と癒着してしまう可能性があります。

このような状態になると抜糸する糸の結び目が見えなくなってしまい、施術が困難に。

この場合、前で1つ目に紹介した針穴から糸を引き抜く方法で抜糸することはできません。また、2つ目の切開においても、切開範囲を2mm以上に広げなければいけないため傷が大きくなります。

そのため、埋没手術から長時間経過している場合は特に注意して慎重に検討しましょう。

抜糸した後は安静に

抜糸後は、まぶたの傷を自然治癒しなくてはならないので目を傷つけないように注意が必要です。

また腫れを防ぐために、血流を高める動きは避けましょう。具体的には、運動・お風呂・アルコールなどが挙げられます。

抜糸と同時に二重まぶたの幅を変えることはできるの?

二重幅をさらに広くしたいという場合は、広いラインに新しく糸で留めることができるので元の糸の抜糸の必要はありません。

しかし幅を狭めたい場合は、抜糸をしてから埋没をもう一度やる必要があります。この時、抜糸と埋没は同時にできます。

しかし元のラインが残っていたり食い込んだ状態が長かった場合は、新しく留めた糸が簡単に取れてしまうことがあります。

また抜糸と同時におこなうと、通常の埋没法よりも腫れや内出血がひどく、ダウンタイムが長引く恐れも。

きちんと医師と相談した上で、スケジュールには余裕を持って施術に臨みましょう。

抜糸のリスクを防ぐために

埋没手術で作った二重を抜糸することで、新たな二重のラインを作ることが可能。しかし抜糸にもリスクは少なからずあるので、できる限り避けたいものです。

抜糸のリスクを防ぐためには、どのような注意が必要か紹介します。

保証付きのクリニックで施術

クリニックを選ぶ時にさかのぼりますが、アフターフォローの保証付きクリニックを選びましょう。この場合保証期間内であれば、もう一度二重幅を変える施術を受けられるところが多くなっています。

格安で埋没法の手術を行っているクリニックも多いですが、価格が安いという理由だけで選ばないよう、保証内容もしっかりとチェックして選びましょう。

二重ラインを元に戻す可能性のある人や経過を確認しながら修正したいと考えている人は、必ず保障付きの病院を選ぶことをおすすめします。

埋没の施術後は様子を見る

術後は腫れや内出血で、自分の目ではないと感じてしまうくらいひどい状態の人も多くいます。

赤く腫れ、逆に重たい目元に見えてしまうかもしれませんが、施術後すぐのタイミングで抜糸を決めるのは要注意。

きれいな目元になるまでのダウンタイムは、誰にでもあります。そのため、1ヶ月は様子を見てみましょう。

思っていたまぶたと違う状態で1ヶ月を過ごすのは辛いかもしれませんが、完全に腫れや内出血が治ってから本当にイメージと違うのか考えてから抜糸に臨みましょう。

おすすめの美容整形外科:湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、全国に90院以上を展開する最大手の美容クリニック。低価格で高品質医療を提供する美容クリニックとして、高い知名度と人気を誇っています。

もちろん多くのクリニックで抜糸は受けることができますが、湘南美容クリニックは安心で安全との声が多く、患者からの信頼が厚いことがわかるでしょう。

ドクターは経験が豊富で、知識も幅広く患者が何について不安に感じているかを察知しきちんと患者と向きあう人が多いという声も。

目という繊細な部位の抜糸ですから、やはりドクターの腕が確かで経験が豊富な安心できるクリニックに任せましょう。

湘南美容外科をチェックする

関連する記事

埋没法の二重はバレる?バレてしまう原因やリスクを減らす方法を紹介

近年、美容や健康の意識が高まる中で、一重がコンプレ...

2019年07月01日, 埋没法

埋没法後のコンタクト使用の注意点。方法によっては当日から着用。

埋没法の施術は、まぶたの中に糸を入れるため、術後の...

2019年07月01日, 埋没法

奥二重でも埋没法・切開法で理想の二重幅にできる:施術方法と費用についてご紹介

奥二重は、二重幅が狭くまぶたの重みやたるみで二重の...

2019年07月01日, 埋没法