目の下の脂肪が気になる方におすすめの美容整形:切らなくても若々しくなれる

Renew編集部
公開, 更新, , 美容整形クリニック

年齢が進むにつれて、目の下にぷっくりと脂肪がつきやすくなります。目の下に脂肪がつくと、いかにも老け顔、と呼ばれる顔になってしまいます。女性としては何とか元の目元になるように改善したいものですよね。

この目の下の脂肪は、年齢による筋力や潤いの低下が主な原因になってついてしまいます。そのため自分一人ではなかなか満足のいく目元までもっていくことが出来ません。そんな時には、美容整形での施術が大変効果を発揮します。

ここでは、目の下の脂肪除去に効果のある美容整形方法をご紹介いたします。

目の下の脂肪除去方法

目の下に溜まる脂肪は眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれています。美容整形での眼窩脂肪を除去する方法には、主に「下瞼脱脂」「アグネス」という2つの方法があります。術式も金額も違いますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

下瞼脱脂

下瞼脱脂での施術がおすすめの方は、目袋(涙袋より下の目の下のたるみ)は膨らみがあるものの、その下のくぼみが見当たらない人です。そんな下瞼脱脂での施術は下まぶたの裏側を切開して脂肪を除去するという方法がとられます。詳しい術式を見てみましょう。

術式では、まずカウンセリング時にどの部分の脂肪を除去したいのかを医師と話し合って除去する部分にマーキングをします。その後に局所麻酔を行い下まぶたの裏側を1?程度切開します。切開すると余分な脂肪がすぐに出てきますので、右・左・中央とバランスよく除去していきます。

施術時間は約40分、費用は30万円程度になります。

ダウンタイム・副作用

この下瞼脱脂のダウンタイムは3.4日、内出血は2週間くらいでなくなります。

リスクとしては、目の下の状態が落ち着いた時に左右差が現れたり、目のゴロゴロ感などを伴う場合があります。

下眼瞼脱脂術の概要
効果下まぶたの裏側を切開、脂肪を除去する手術
ダウンタイム3,4日程度、内出血は2週間ほど続く
持続期間半永久的。
費用30万円前後

アグネス

アグネスとは、脂肪を融解してくれる電磁機器です。先端の針のみに電気が流れるシステムになっており、目の下の脂肪がある所に刺すことで脂肪を融解します。また、電気を流すことによりコラーゲンの再生が促されるので、目の下のハリや潤いアップ効果も期待出来ます。

アグネスの術式では、まず麻酔クリームを塗ります。そして麻酔クリームを塗った後に局所麻酔が打たれます。次に、電気凝固針を使って数?置きに針を刺していきます。針は目頭側から目尻側までを一列として三列行われます。最後は幹部を冷却し軟膏を塗ります。これを4週間間隔で4~5回行います。

アグネスの施術時間は10~15分程度短時間です。費用は8万円程度になります。

ダウンタイム・副作用

ダウンタイムはほとんどありませんが、2週間くらいは針を刺した部位の腫れが気になる方もいます。しかし、この腫れについてはメイクで隠せる程度なので安心してください。

リスクとしては、針を刺した所に老廃物が溜まって炎症を起こす可能性や、小さな湿疹が現れる可能性などがあります。

しかし、基本的には痛みも少ない安全性の高い施術となります。

下瞼脱脂もアグネスもよくわからなくて不安?

2つの施術方法を紹介してきましたが、どちらもメジャーな治療ではないため、有名なチェーンの整形外科では治療できず、いくらそこまで危なくない施術だと言っても少し不安になってしまいます。

しかし、メジャーかつこの2つの施術を行っているクリニックがあります。それが聖心美容クリニック。

聖心美容クリニックは下瞼脱脂(こちらでは経結膜下脱脂法と呼ばれています)やアグネス治療で定評があり、かつ全国に10店舗を構える信頼できるクリニック。形成外科、美容外科、美容皮膚科を構える聖心美容クリニックでは若返るための施術の一つとして紹介されています。

目の周りの薄い皮膚に行う施術であり、不安が伴う方が多いですが、こちらでは副作用が長引く際は医師の診察を受けられるため安心して施術できます。

聖心美容クリニックをチェックする

関連する記事

脂肪吸引で理想のお尻に!手術の痛みや術後の経過は?費用はどのくらい?

お尻が大きくてスタイルがよく見えない!お尻が大きく...

2019年07月01日, 美容整形クリニック

お腹の脂肪吸引ってどこまで痩せられる?:気になる痛みや費用

頑張ってダイエットをしてもなかなか減らないお腹の脂...

2019年09月18日, 美容整形クリニック

瞼の脂肪除去整形:瞼の厚みや腫れぼったい目の悩みを解消

瞼に厚みがある人は、瞼が脂肪で柔らかく、脂肪が多い...

2019年07月01日, 美容整形クリニック