二重切開手術はバレるか。バレないようにするコツを紹介。

Renew編集部
公開, 更新, , 切開法

近年、美容や健康の意識が高まる中で、一重がコンプレックスで二重施術をする人が多くなっています。ライフスタイルマーケティン協会が2019年におこなった調査でも、34%の女性が二重手術を受けたことがあると回答。

中でも切開法は半永久的に、きれいな二重をキープすることができるため人気の施術法です。しかしその分ダウンタイムが長く、完全に腫れが引くまでは1〜3ヶ月程度を要するため周囲の人にバレてしまうことも。

今回は、切開法で二重整形を行った場合に周囲にバレるリスクを減らすコツを紹介。

二重の切開手術とは

切開法は二重手術の施術法の一つで、まぶたや目尻・目頭などにメスを入れることで理想の二重ラインを形成していきます。

二重手術の施術法は代表的なもので埋没法と切開法の2種類ですが、前者がメスを使わない方法で、後者がメスを使う方法。

切開法はメスを使う分、埋没法と比べて効果が持続する・まぶたが厚い人にも対応している・幅広並行二重を作ることができるなどのメリットがあります。(詳しくは下記記事参照)

切開法がバレる原因

切開法で二重ラインを作った人の中には、以下の理由でバレてしまったという人が多くいます。

二重幅を広げすぎてしまった

元々一重まぶただった人が急にくっきりとした二重まぶたになったり、奥二重だった人の二重幅が明らかに広がった場合はバレる可能性が高くなります。

どの整形手術でも同じことがいえますが、元の自分と比べて明らかに異なる姿を理想として施術を受けるとバレやすいので注意しましょう。

まぶたが腫れている

切開法はダウンタイムが長く、ある程度の腫れが引くまでに1〜3ヶ月程度、完全に手術前の肌状態に戻るまでに6ヶ月程度かかります。

学生も社会人でも、1ヶ月以上人と会わないというのは難しいので、バレてしまうことも多いでしょう。

ただし術後1週間程度が経ち、肌に問題がなければアイメイクをすることもできるので腫れを隠す方法を考えてみて。

常に目が充血している

二重整形手術をした後は目やまぶたへの負担が大変大きいので、目が充血してしまうことも少なくありません。

まぶたの腫れだけでなく、目が充血していることで整形したことを知られてしまうことも少なくないのです。

切開手術をバレないようにするには

二重整形をするということは、周囲の人にバレるということをある程度覚悟しておく必要が。しかし、以下紹介することを実践することでバレる可能性を低くすることはできるでしょう。

自然な二重ラインを作る

元々完全に重たい一重だった人が、ある日いきなりくっきり二重になっていたら、周囲の人に不自然に思われることは避けられません。

そのため、元々一重の人は奥二重のラインを作るなど、自然に見えるように設定しましょう。

また、施術を受ける前からアイプチなどで二重ラインを作っていれば、その延長線で不自然に思われる可能性は少なくなるはず。

ダウンタイムの間は人に会わない

ダウンタイム中は、まぶたが腫れ、内出血をしている状態なので確実に整形手術を受けたことがバレてしまいます。そのため、ある程度の腫れが収まるまでは人に会わないのが最善策。

切開法の場合ダウンタイムが長く、完全に腫れが引くまでは1〜3ヶ月程度かかります。しかし、術後1週間程度経てばアイメイクが可能になるので、メイクで腫れをカバーすることはできるでしょう。

術後2〜3日は特に腫れが激しく現れるので、決して知り合いに会わないようにしてください。

全体的にイメチェンをする

ダウンタイムを終えて施術後初めて人に会うときには、なるべく全体的なイメチェンを行いましょう。具体的には、髪型を変えたり服装の系統をチェンジしてみたり。

そうすることで、周囲の人の注目が目元ではなくイメチェンをした部分に向くはず。全体的に変化をつけることで「いつもと雰囲気が違う!」程度に周囲の注目を逸らすことができます。

バレない二重整形をするためには

周囲の人に不自然に思われない二重ラインを作るには、カウンセリングでしっかりと医師と相談を行うことが大切。

現在の目元の状況と、目指したい二重ラインを医師とともにすり合わせつつ理想の二重ラインを作り上げることで、より自然な二重を形成することができます。

また信頼できる医師に身を委ねるためにも、クリニック探しは入念に行いましょう。クリニックの公式ホームページには多くの場合症例が写真とともに掲載されているので、それを参考にしてみて。

切開法でおすすめのクリニック

湘南美容外科クリニック

全国に75店舗開院している大手クリニック。湘南美容外科ではMD式切開法二重術という方法で、二重整形手術を行っています。

MD式というのはミニマム・ダウンタイム方式の略であり、ダウンタイムをできるだけ短くするために思考錯誤し作られたものです。使用する機械や施術法にこだわっています。

また透明な糸を使用するため、施術後抜糸をするまでの間も糸が目立つということがありません。

術後のアフターケアは無料で、何でも気軽に相談が可能です。無料カウンセリングは、電話かWebサイトから簡単に予約できるので要チェック。

湘南美容外科をチェックする

共立美容外科

共立美容外科は、全国に23院展開し、モデルや有名人も数多く利用している美容整形・美容医療専門クリニック。

こちらの二重整形手術は埋没法・切開法を含め様々に用意されています。現在の目元の状況や、なりたい理想の二重によってカウンセリングで施術法を決めていくので安心。

麻酔の際に極細の注射針を使用したり、事前に点眼の麻酔薬を目に浸透させるなど、より痛みが少ない治療を重視しているのもポイントです。

店舗情報もっとみる
店名共立美容外科 新宿本院
住所東京都渋谷区代々木2-9-2
アクセスJR線 新宿駅南口から徒歩2分
営業時間

月曜日10:00~19:00

火曜日10:00~19:00

水曜日10:00~19:00

木曜日10:00~19:00

金曜日10:00~19:00

土曜日10:00~19:00

日曜日10:00~19:00

祝日

関連する記事

二重の切開手術後のダウンタイムはどのくらい。術後の経過や過ごし方を紹介。

二重整形手術の方法は、大きく分けて埋没法と切開法の...

2019年07月24日, 切開法

二重の切開法にかかる費用。コースごとに大手サロンを比較。

二重手術法には、大きくわけて埋没法・切開法の2種類...

2019年07月22日, 切開法

二重切開手術の失敗例・対策とは。事前のカウンセリングが最重要。

直接まぶたにメスを入れる方法で、半永久的な二重ライ...

2019年07月18日, 切開法