二重切開法の腫れはどのくらいで引くか。早く引かせるコツを紹介。

二重切開法の腫れはどのくらいで引くか。早く引かせるコツを紹介。

Renew編集部
公開, 更新, , 切開法

二重手術法には、大きくわけて埋没法・切開法の2種類があります。費用を抑えられ、手軽に受けることができる埋没法に比べて、切開法は費用がかさみますが半永久的に理想の二重をキープすることができます。

目元に直接メスを入れる方法のため、ダウンタイムが長く腫れが大きく出るのも特徴です。実際にどのくらいの期間、どの程度の腫れが見られるのか。そして腫れを早く引かせるコツを紹介。難しいことばかりではないので、ぜひ試してみてください。

二重の切開手術とは

切開法は二重手術の施術法の一つで、まぶたや目尻・目頭などにメスを入れることで理想の二重ラインを形成していきます。

二重手術の施術法は代表的なもので埋没法と切開法の2種類ですが、前者がメスを使わない方法で、後者がメスを使う方法。

切開法はメスを使う分、埋没法と比べて効果が持続する・まぶたが厚い人にも対応している・幅広並行二重を作ることができるなどのメリットがあります。(詳しくは下記の記事参照)

切開法の腫れはいつまで続くか

二重切開法は埋没法よりもダウンタイムが長く、完全に手術前の肌状態に戻るまでには6ヶ月程度かかるといわれています。

切開法施術後の経過については、以下の記事で詳細を掲載しているので要チェック。

術後2〜3日後は最も腫れが強い

術後2〜3日の間は、まぶたが大きく腫れ形成した二重のラインも理想よりも幅が広くなります。ただし、決してメイクで隠そうとするのはやめましょう。

アイメイクをすることでまぶたに負担をかけ、ダウンタイムを余計に伸ばす原因になります。術後3日経過するまではとにかく安静に過ごすことが第一です。

大まかな腫れが落ち着くのは1〜2週間後

切開法は多くの場合、1週間が経過した頃に抜糸を行います。それを含め、大まかな腫れが目立たなくなるまでには2週間程度が必要。

ただし1週間程度経過すればアイメイクが可能になるので、ある程度の腫れを隠すことができるでしょう。

傷口が目立たなくなるまでには6ヶ月程度かかる

術後1〜3ヶ月が経てば、目元の腫れは大体落ち着いてきます。しかし切開法の場合まぶたに直接傷をつけているので、この傷口が目立たなくなり定着するまでには6ヶ月ほど必要に。

傷口を目立たなくするためには、ブラウン系のアイシャドウを使用するのがおすすめです。

切開法で生じる腫れの原因

切開法はまぶたにメスを入れ皮膚に傷をつけるため、腫れが生じることは避けられません。中でも腫れが大きく生じやすい原因を紹介。

幅広い二重ラインを目指している

湯田眼科美容クリニックによれば、形成する二重の幅が広いほど腫れは大きくなります。まつげから約5mm位内の二重幅におさめる場合は、術後の腫れが少なるのでおすすめ。

また、二重ラインの全体にメスを入れる全切開よりも、部分的に切り込みを入れる部分切開の方が腫れが収まるのは早いそう。

自分が叶えたい二重ラインや自分の肌状態、また予算も考えて施術法やデザインを考えていきましょう。

手術中の緊張

手術中に緊張して力が入っていることもまた、まぶたに血流が集まりやすくなり、腫れが長引く原因になります。二重切開手術はほとんどが局所麻酔で行うため、手術中も意識があり、緊張して力が入りがち。

しかし、力んでいると血圧が上がって出血量も増えてしまいます。可能な限り力を抜いた状態で、手術を受けるようにしましょう。どうしても緊張してしまう、痛みに極端に不安があるという場合、クリニックによっては全身麻酔を受けることもできるので、相談してみて。

腫れを早く引かせるコツ

皮膚を傷つけるため目元が腫れることは避けられませんが、以下のことを実践することで少なからず腫れを抑えることができます。

目元を冷やす

保冷剤などを使用して、目元をできるだけ冷やすようにしましょう。ここでポイントなのが、丁度良い冷たさ・時間です。

冷やし過ぎは皮膚の組織を破壊し逆効果。保冷剤を布でくるみ、気持ちが良いと感じる程度でとどめましょう。

体温が上昇する行動をとらない

体温が上昇すると血流がよくなり、腫れや内出血を引き起こしやすくなります。術後1週間程度は体温を上昇させる行動を控えましょう。

具体的には、激しい運動・入浴・飲酒・辛い食べ物を食べるなどが挙げられます。手術当日はぬるま湯のシャワーのみにし、湯船に浸かることは控えてください。

枕を高くして寝る

頭に血がのぼらないように、枕を心臓よりも高い位置において眠りにつきましょう。そうすることで、翌日のむくみを予防することができます。

目を休める

目を疲れさせることも、回復を遅らせる原因に。特に腫れが強い2〜3日の間はスマホやテレビなどの画面を長時間見ることを避け、目を十分に休ませましょう。

切開法の二重整形でアフターケアが充実している美容外科

湘南美容外科クリニック

全国に75店舗開院している大手クリニック。湘南美容外科ではMD式切開法二重術という方法で、二重整形手術を行っています。

MD式というのはミニマム・ダウンタイム方式の略であり、ダウンタイムをできるだけ短くするために思考錯誤し作られたものです。使用する機械や施術法にこだわっています。

また透明な糸を使用するため、施術後抜糸をするまでの間も糸が目立つということがありません。

術後のアフターケアは無料で、何でも気軽に相談が可能です。無料カウンセリングは、電話かWebサイトから簡単に予約できるので要チェック。

湘南美容外科をチェックする

共立美容外科

共立美容外科は、全国に23院展開し、モデルや有名人も数多く利用している美容整形・美容医療専門クリニック。

こちらの二重整形手術は埋没法・切開法を含め様々に用意されています。現在の目元の状況や、なりたい理想の二重によってカウンセリングで施術法を決めていくので安心。

麻酔の際に極細の注射針を使用したり、事前に点眼の麻酔薬を目に浸透させるなど、より痛みが少ない治療を重視しているのもポイントです。

店舗情報もっとみる
店名共立美容外科 新宿本院
住所東京都渋谷区代々木2-9-2
アクセスJR線 新宿駅南口から徒歩2分
営業時間

月曜日10:00~19:00

火曜日10:00~19:00

水曜日10:00~19:00

木曜日10:00~19:00

金曜日10:00~19:00

土曜日10:00~19:00

日曜日10:00~19:00

祝日

関連する記事

切開法とは:効果やメリット・デメリット、ダウンタイム、費用

埋没法と並んで二重整形の代表的な施術法である切開法...

2019年08月06日, 切開法

二重の切開手術後のダウンタイムはどのくらい。術後の経過や過ごし方を紹介。

二重整形手術の方法は、大きく分けて埋没法と切開法の...

2019年07月24日, 切開法

二重切開法の当日にすべきこと。とにかく安静にすることが大切。

近年、美容や健康の意識が高まる中で、一重がコンプレ...

2019年07月18日, 切開法