眼瞼下垂手術はバレるか。ばれないようにするためのコツ。

Renew編集部
公開, 更新, , 眼瞼下垂

まぶたを開きにくい・周囲からいつも眠そうと言われる…。このような経験がある人は、眼瞼下垂(がんけんかすい)である可能性があります。人によっては頭痛や肩こりの原因になることも。

眼瞼下垂は手術によって治療することができますが、気になるのが術後のダウンタイムでしょう。眼瞼下垂手術の1つである切開法は特にダウンタイムが6ヵ月と長いため、周囲にバレる可能性も高くなります。

ぜひ以下に紹介する、術後バレないようにするコツを実践してみてください。

眼瞼下垂とは

森井眼科医院によれば、眼瞼下垂とは上まぶたが垂れ下がった状態を言い、先天性と後天性に分けることができます。

先天性は、瞼を引き上げる筋肉である眼瞼挙筋(がんけんきょきん)が生まれつき発達異常のもの。後天性は、加齢やPCの見過ぎなどにより瞼を引き上げる際に関わる筋肉や筋膜などに異常が出てしまうものです。

詳しい眼瞼下垂の詳細・原因などは以下の記事を参考にしてみてください。

眼瞼下垂手術がバレる原因

眼瞼下垂手術がバレる原因として最も多く考えられるのが、まぶたが腫れているダウンタイム中に人に会ってしまうこと。

まぶたが腫れている

眼瞼下垂手術は、まぶたに直接メスを入れる切開法・余分な脂肪等を織り込む埋没法の2種類。ある程度の目元の腫れが引くまでに、切開法は1~3ヵ月程度、埋没法は1~2週間程度を要します。

学生・社会人共に長い期間人と合わないということは難しいので、まぶたが腫れているうちに知り合いと顔を合わせバレてしまうことも。

ただし術後1週間程度が経ち、肌に問題がなければアイメイクをすることもできるので腫れを隠す方法を考えてみてください。

二重ラインを幅広くしてしまった

眼瞼下垂手術では、二重ラインを作ることでまぶたの開きにくさを改善します。医師と相談し理想の二重ラインを決めていきますが、この時元々の顔立ちとかけ離れないように注意しましょう。

元々一重だった人がいきなりパッチリ二重になったり、奥二重だった人の二重幅が突然広くなった場合にはバレる可能性が高くなります。

一重だった人は理想の二重幅を奥二重に設定するなど、工夫することでバレるリスクを減らせるはずです。

目が常に充血している

麻酔や糸で引っ張られている力によって、手術後は目に疲労がたまりやすくなります。目に疲労がたまると、白目の部分が充血してバレてしまうことも。

また埋没法の場合、糸がまぶたの裏に当たってゴロゴロし目の開きが不自然になることで、周囲にバレてしまう場合もあります。

術後バレないようにするコツ

バレないようにするには、術後ダウンタイムでできる限り人に会わないようにすることが重要。

ダウンタイム中に人に会わない

ダウンタイム中は、まぶたが腫れ内出血をしている状態なので確実に手術を受けたことがバレてしまいます。そのため、ある程度の腫れが収まるまでは人に会わないのが最善策。

一般的に切開法の場合は1ヵ月、埋没法の場合は1週間程度で大まかな腫れが収まります。ただし1週間程度経ち傷口が落ち着けば、アイメイクをすることが可能になるので、ブラウンシャドウを使って隠しましょう。

術後2~3日後までは最も腫れが激しく現れるので、決してバレたくない相手には会わないことをおすすめします。

自然な二重ラインを作る

手術前後で明らかに異なる目元にならないように、自然な二重を目指しましょう。

例えば元々一重だった人は理想の二重ラインを奥二重にするなど、手術前後で変化が大きくならないように工夫することをおすすめします。

また手術前にアイプチなどで二重を作って過ごすことで、アイプチの延長線で不自然に思う人も少ないはずです。

全体的にイメチェンをする

ダウンタイムを終えて施術後初めて人に会うときは、なるべく全体的なイメチェンを行いましょう。具体的には、髪型や服装の系統のチェンジなど。

そうすることで、周囲の人の注目が目元ではなくイメチェンをした部分に向くはずです。全体的に変化をつけることで「いつもと雰囲気が違う!」程度に周囲の注目を逸らすことができます。

バレにくい眼瞼下垂手術を受けるには

眼瞼下垂手術後、周囲の人に不自然だと思われないようにするためには医師とのカウンセリングが最重要。

顔の作りと目指したい二重ラインを、医師とすり合わせつつ理想の二重ラインを作っていくことで自然な二重を手に入れることができます。

また信頼できる医師に身を委ねるためにも、クリニック選びは大変重要です。公式ホームページに掲載されている症例写真を見比べたり、口コミを参考にしたりと入念にクリニックを選びましょう。

眼瞼下垂手術でおすすめのクリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、全国に75店舗開院する大手クリニック。こちらの眼瞼下垂手術は、二重の人は二重ラインに沿って、一重の人は睫毛の上2mmを切り、瞼板から挙筋をはずして縫い縮め、目の引き上げる力を強し、目力を強くする手術方法になります。

カウンセリングもしっかり行なってくれるので、希望のデザインを伝えたり、不安をしっかりと取り除いてから手術を受けることが可能です。

また整形手術後のシミュレーションも行なってくれるので、理想の目を手に入れることができます。

湘南美容外科をチェックする

関連する記事

眼瞼下垂手術の痛み。術後痛みが出た際の対処法。

視野が狭い・まぶたを開きにくい・周囲からいつも眠そ...

2019年07月23日, 眼瞼下垂

眼瞼下垂手術当日にすべきこと。とにかく安静に過ごすことが大切。

視野が狭い・まぶたを開きにくい・周囲からいつも眠そ...

2019年07月23日, 眼瞼下垂

眼瞼下垂手術の腫れはいつ引くか。原因や早く引かせるコツ。

視野が狭い・まぶたを開きにくい・周囲からいつも眠そ...

2019年07月24日, 眼瞼下垂