埋没法とは:効果やメリット・デメリット、ダウンタイム、費用

Renew編集部
公開, 更新, , 埋没法

二重整形には切開法と埋没法があります。中でも埋没法は施術にかかる時間が10分~20分と短い上にダウンタイムも長くて1週間と短いことから、プチ整形として人気を集めています。

実際に埋没法とはどのようなものなのか、メリット・デメリット、そして切開法と比べてどちらを選ぶべきかを紹介。

施術を終えてから後悔をしないように、事前によく検討をしてから決めましょう。

埋没法の概要

埋没法とはメスを使わない美容整形で、医療用の細い糸を用いて二重のラインを形成する施術方法。施術中の痛みが少なく、施術後の腫れや内出血も出にくいことから、若い女性の間で人気を集めています。

ただ人によっては一定期間経過すると糸が緩んでしまうこともあるため、半永久的にハッキリとした二重を手に入れたい人には不向きという側面も。以下の表をチェックしてみて。

埋没法の概要
効果まぶたの裏から縫い合わせて、自然な二重をつくる手軽な二重整形。
メリット

  • メスを使わず短時間で施術が完了する手軽さ。気に入らない場合は、糸を抜いて再手術も可能。
  • ダウンタイムも短く、日常生活への支障も少ない。
  • デメリット時間が経って、幅が変わってしまったり一重に戻ってしまう可能性がある。
    ダウンタイム術後2-3日が腫れのピークで、1週間程度でおさまる。
    持続期間まぶたの厚みや医師の技術などによって人それぞれ。
    費用1点止め:¥3-4万円、4点止め:8-10万円など

    切開法と埋没法の違い

    二重整形手術には、基本的に切開法と埋没法の2種類があります。どちらの方法にもメリット・デメリット、そして合う肌質があるので、以下の表を参考によく検討してみてください。

    確実に半永久的な二重をゲットしたいなら切開法を、まぶたが薄い人で手軽に二重を実現したい人は埋没法を選択すると良いでしょう。

    切開法と埋没法の比較
    項目切開法埋没法
    効果まぶたを切開して、余分な脂肪などを除去して縫い合わせる二重整形。まぶたの裏から縫い合わせて、自然な二重をつくる手軽な二重整形。
    メリット

  • 半永久的に二重をつくることができ、埋没法が苦手とするまぶたがあつい人に最適。眼瞼下垂も治療可能。
  • 幅広の平行二重をつくりたいひとに最適。
  • メスを使わず短時間で施術が完了する手軽さ。気に入らない場合は、糸を抜いて再手術も可能。
  • ダウンタイムも短く、日常生活への支障も少ない。
  • デメリット

  • ダウンタイムが1週間以上続き、二重が定着するまで3-6ヶ月程度かかってしまう。
  • まぶたに傷跡がつく。
  • 時間が経って、幅が変わってしまったり一重に戻ってしまう可能性がある。
    ダウンタイム腫れのピークは抜糸まで7日程度、完成は3ヶ月から6ヶ月かかることも術後2-3日が腫れのピークで、1週間程度でおさまる。
    持続期間半永久的。まぶたの厚みや医師の技術などによって人それぞれ。
    費用25万円前後1点止め:¥3-4万円、4点止め:8-10万円など
    詳しく見る切開法について詳しく知る埋没法について詳しく知る

    埋没法の種類

    埋没法には、2つの施術方法があります。まぶたの腫れやすさ、持続力にも差があるので把握してから選択するようにしましょう。

    挙筋法

    挙筋法は、二重まぶたを形成する際の糸を瞼の眼瞼挙筋という筋肉に留める方法です。瞼の奥の柔らかい筋肉に糸を通すため、眼球に触れることがなく違和感を感じることも少ないといわれています。

    また下記で説明する瞼板法よりも、二重まぶたの持続力が高いのも特徴。術後、まぶたをひっくり返しても傷跡が少ないのはこちらの挙筋法です。

    瞼板法

    瞼板法は、二重まぶたを形成する際の糸を瞼板という瞼の軟骨に留める方法。施術時間が短いというメリットがあります。しかし糸の結び目が眼球に近く、施術後に眼球に違和感を感じやすいというデメリットも。

    また瞼板法での埋没法は抜糸が簡単にできるため、二重幅を変えたい、やり直したいと思った時に便利でしょう。

    埋没法のメリット

    埋没法のメリットは、手軽でリーズナブル、自然であることなどがあげられます。いずれも具体的に見てみましょう。

    メスを使わず、傷が残らない

    埋没法のもっとも大きな特徴であるメスを使わないという点は、傷が残らない可能性を高めます。また麻酔の注射による痛みを感じることはあるものの、痛みが比較的少ない点もメリット

    ダウンタイムや日常生活への支障も少ない

    切らない手術であることからダウンタイムも短くなっており、クリニックによっては2~3日でアイメイクやコンタクトが可能になるところも。

    化粧も早いタイミングからおこなえるようになるため、土日を挟むことで普段どおり仕事や学校などに行くこともできます。

    埋没法のデメリット

    反対に、埋没法のデメリットも。施術が手軽にできる分、元に戻ってしまう可能性が出てきてしまいます。

    一重に戻ってしまうリスク

    もっとも大きなリスクは、時間の経過とともに一重になってしまうこと。まぶたが重かったり、医師の技術が不十分な場合は早くて半年、一般的には3年から5年で戻ってしまうことがあります。

    ただし一度埋没手術をしただけで半永久的に持続したという人もおり、個人さが多いものなので、医師と相談してみて。

    埋没法の費用

    平均的な埋没法の費用は、1点止め:¥3-4万円、4点止め:8-10万円程度。

    プチ整形ともいわれる埋没法は料金的に安く、ハードルが低く感じられるでしょう。

    埋没法をするなら湘南美容クリニック

    湘南美容クリニックは、全国に90院以上を展開する最大手の美容クリニック。低価格で高品質医療を提供する美容クリニックとして、高い知名度と人気を誇っています。

    クイックコスメティーク法と呼ばれる二重術が特に人気。腫れが少なく術後すぐにメイクが可能なうえに、目をつぶったときに糸が目立たないため、最もばれにくい二重術として人気を集めています。

    湘南美容外科をチェックする

    埋没法に関して知っておきたい知識あれこれ

    実際に埋没法をおこなう前には、さまざまな不安がでてくるはず。以下の記事では、より詳細に埋没法に関する悩みや不安に答えているので、ぜひチェックしてみてください。

    術前に知っておきたい知識

    術後に知っておきたいトラブル

    関連する記事

    埋没法の二重はバレる?バレてしまう原因やリスクを減らす方法を紹介

    近年、美容や健康の意識が高まる中で、一重がコンプレ...

    2019年07月01日, 埋没法

    奥二重でも埋没法・切開法で理想の二重幅にできる:施術方法と費用についてご紹介

    奥二重は、二重幅が狭くまぶたの重みやたるみで二重の...

    2019年07月01日, 埋没法

    埋没法の麻酔はどのくらいの痛み?全身麻酔に変えることも可能。

    二重の埋没法の手術の際には局所麻酔を打ちますが、中...

    2019年07月01日, 埋没法